おじさんのアンチエイジング! - Attaboy!

男性化粧品・男の健康・生活・美容・オーガニック・スキンケアまでオヤジ磨きに挑戦! おじさんの役立つレビュー情報

電子書籍のすすめ|オヤジにこそ電子書籍タブレット、Kindleアプリが必要!!

2018/11/12

電子書籍のすすめ|オヤジにこそ電子書籍タブレット、Kindleアプリが必要!!

「本は紙じゃなきゃダメだ!!」こういう人、オヤジ世代以降に結構います。
本棚に本がギッシリっていうのは、もう、おじさん世代か、よほどマニアックな本の虫だけの話になりつつあるようです。今の若い人はコミックも含めて部屋に本が段ボール箱1つ分あるかないかぐらいらしいですからね。

書籍や雑誌をデジタル化した電子書籍が紙媒体の販売数を、もう追い抜いてしまってます。
抵抗している人も多いみたいですが、頭柔らかく考えましょう!!
時代の変化に軽~く乗ってけるってのは結構大事。「老害」って言われないようにしなきゃねwww!。
私もおじさんだけど試しに一度電子書籍に切り替えるとかなり快適でやみつきでっせ!!

実際選び方や比較、目が疲れる疲れないなどなど、色々試行錯誤をかなりやってきました。おかげで現在ではほとんど電子書籍に切り替えてしまってます。もちろん紙の本で持っていたい本もあるので、なんていうのかな、読み返す温度差みたいなもので紙の本か電子書籍かを分けてます。
正直ね、デジタル化するとかって話より、本棚を整理するそっちの方が大変ですよ。一度電子書籍で買い替えたのにまた紙の本で買い戻してみたり、電子書籍で買ったのに紙の本でも買ってみたり、分かっててダブって持ってるなんてことも結構ありました。自炊って分かるかな? 自分の手持ちの本をスキャンして自分でデジタル化することなんですがこれも挑戦して挫折ってこともやってますwww。
まだまだ100%ではないけど納得のところまでなんとかこぎつけてますよ。

コレクションのお宝本はそのままに、残りは全部電子書籍で買い替えてしまって、思った以上に残った紙の本は少量。おかげでほとんど本を処分して部屋がすっきり!!

私はPCのアプリとタブレットという組み合わせで読んでますが、この組み合わせにたどり着くまで実は結構長かったwww。こだわりがあまりない私ですらこれなんだから、正直一発で解決!ってワケにはなかなかいかないと思います。

今こうして電子書籍に切り替えてみて思うのは、やっぱりおじさんにこそ電子書籍は必要!!ってことです。
頭を柔らかくして、一度考えてみてくださいwww。

 

電子書籍のすすめ|おじさんに迫りくる「老眼」という恐怖www

電子書籍のすすめ|おじさんに迫りくる「老眼」という恐怖www

最近、本の活字がよく見えない???
おじさん、老眼については、あがらうよねぇ~~。

30代ぐらいから老眼って早い人は来るので、おじさんは段々目が悪くなってきます。
でもね、おじさんは自分が老眼になったっていうのをなかなか認めないんだよね。老眼の「老」っていうのが嫌。
ち、ちげーし、近視の度が上がっただけだし、単純に疲れ目なだけだしぃぃぃ・・・
とにかく近くの物や新聞がボヤけるようになっても認めようとしない。2年ぐらいはなんだかんだ抵抗するよねぇ。最後は認めざるおえなくなって、結構ショックが大きかったりしてwww。

私も電子書籍に移行し始めた理由の1つはこの「老眼」スタートだったりします。
私は割と早く眼に来てしまったので、まあぁ、本が読みずらい。マンガなんて単行本で読んでると目がチカチカしてくる。最近のマンガは文字が小さくて細かいのが多いから大変。HUNTER×HUNTERなんて設定説明細かいよぉ、おじさんにはつらいよぉ~www。

電子書籍が思っていた以上に仕組みとして便利ということもありましたが、同時にピンチで簡単に画面の拡大表示ができるというのが切り替えの決め手。

メッチャ読みやすい!!!

とはいえ、ハッキリ言って、電子書籍のデフォルトの基本構成は若者向きですよ。
専用端末も電子書籍リーダーも6インチサイズで小さいし、スマホでなんて見えやしない。
ただしタブレットの組み合わせを変えると、これがまたおじさんにはうれしい大きな表示に変えられます。
私が組み合わせている構成は下の方で詳しく説明しますが、この辺が紙媒体との違い、デジタルのいいところだよね。

「老眼」が近づいてるなら、拡大表示が簡単な電子書籍、おじさんにはかなり力強い味方です!
目が悪くなってきても読みやすい!
しかもかなりの量の本のストックが可能!
もう、おじさんは電子書籍始めるしかないですよ!

老眼鏡片手に本屋をウロウロしてる時代じゃないですwww。
こっそり電子書籍に切り替えて「若さ」をアピールしつつも老眼対策にもしてください。

 

電子書籍のすすめ|電子書籍リーダーやタブレットでの目の疲れはどお?

電子書籍を読むには、大きく分けて、電子書籍リーダータブレットPCに分けられます。
スマホは取りあえずおじさん向けには小さすぎるし紙媒体の白銀比でもないので除外します。

デジタルで使ってて、一番気になるのは目の疲れなんじゃないでしょうか?
モニターやバックライトだとブルーライトも気になるし、おじさん目がしょぼしょぼしちゃうんじゃないかと気になるところです。

 

電子書籍リーダー

電子書籍のすすめ|オヤジにこそ電子書籍タブレット、Kindleアプリが必要!!
amazon引用

私は電車の中などの通勤移動の時にkindleの電子書籍リーダーを使っています。
さすがに満員電車では大きいタブレットは邪魔です、ジャマwww。
画面は小さいけど電子書籍の先駆者kindleです、本を読むためのフロントライト方式でギラつかないし、反射しない。紙にすごく近い感覚なので、ホントに目が疲れない。
でもやっぱりおじさんにはこのサイズはちょっと小さいなぁ。片手で持てて軽く、長時間持ってても平気というとこのサイズになっちゃうんだと思うんだけど、ある程度拡大して使うことを前提で使ってます。
この軽さと小ささはやっぱり便利なので、ついつい持ち歩いちゃってるから文句も言えないんだけどねwww。
他のメーカーからもいくつか電子書籍リーダーが出てますが、基本的にkindleが一番目が疲れないね。

 

タブレット

電子書籍のすすめ|オヤジにこそ電子書籍タブレット、Kindleアプリが必要!!
amazon引用

正直言って、タブレットはそのまま使ってると目が疲れます。
画面設定で彩度と光度を下げてあんまり目が疲れないように調整してから私は使ってます。タブレットによっては一発でモード変換ができる機種もあるらしいですが、残念ながら私のタブレットにはそんな機能はついてないので、毎回チマチマ変えてますwww。
ちょっと面倒ですが、多分タブレットが一番実用的なんじゃないかなぁ。
移動中にコマ切れで読んでくなら全然問題ないし、連続でも3時間ぐらい読んでてもそんなに目は疲れませんよ。
慣れもあるとは思いますが、画面調節、これ、大事。

 

PC、パソコンモニター

電子書籍のすすめ|オヤジにこそ電子書籍タブレット、Kindleアプリが必要!!
amazon引用

パソコンの場合はディスクトップパソコンのことで、ノートパソコンじゃないですよwww。
ノートパソコンはタブレットとそんなに変わんなくなっちゃいます。

実は私、電子書籍はパソコンで読むことがほとんどです。
最近はモニターサイズが大きい物でもかなり安くなってきたのでおすすめですよ。27インチでもかなり低価格ですが、狙い眼は24インチワイドです。メーカーの主力サイズが27インチに移ってきたので24インチ、元値から安くなってますよ。
24インチだと雑誌が見開き丸々入るサイズ。普通の書籍やマンガも単行本の4倍ぐらいのサイズで普通に読めるのでおすすめ。
さて、目の疲れについてパソコンモニターの場合、一番目が疲れると思うでしょ?
ところが最近のパソコンモニターにはモード切替ボタンが普通についてて、Paperviewモードというのに簡単に切り替えられます。まさに紙専用モードです。要するにテキストやモノクロ、電子書籍用モードで、彩度や色温度を下げて目が疲れないようにしてあるモードがあるんですよ。もちろん自分で微調整もできるので、意外と目が疲れないで読み続けられるんですよね、超便利!

 

電子書籍のすすめ|電子書籍やタブレットの必要性、メリットは?

本を電子書籍に切り替えると、目が悪くなってきても読みやすいことや、コレクション的な本の山はそのままで、実用的な本がかなりの量整理できるというメリットは書きましたが、それ以外にどんなメリットがあるのでしょう。ピックアップしてみました。

 

本屋に行かなくても新刊がレビュー付きで、しかも安く手に入る!

電子書籍の一番のメリットと言っても、欲しい本のレビューが読めることです。買う前に長所短所がある程度吟味できるうえにリアルな読者の意見が見れますよね、しかも本屋で買うよりデジタルはちょびっと安いwww。ただでさえ忙しいビジネスマンは、本屋に行く時間も無かったりするし、欲しい本が置いてなかったりもします。
私は本屋に行って、新刊をチェックしてからそれを電子書籍で吟味して買うって感じで利用してますよwww。
最近本屋で本買ってないなぁ、年間4~5冊ぐらいしか買ってないかもwww。

 

タブレット、電子書籍リーダーだったら通勤電車の中でも場所を取らない!

私も使ってますが、移動の満員電車の中でかさばらないのがいいです。重い思いをして本を持ち歩かなくて良くなったというのは技術革新バンザイですwww。
カバンの中に入れておいても小さいし軽い。ハードカバーの本なんて、絶対持ち歩いて読めないしねwww。マンガだって読めちゃうぞ。タブレットだったら週刊誌や新聞だってOKだ!!

 

多忙なビジネスマンでも、こっそりスキルアップも!

会社の休み時間や移動時間なんかにこっそりビジネス書を読んでいても、紙の本だと何を読んでいるか丸わかりですwww。本屋に行かなくてもいつでもビジネス書や実用書を探せ、タブレットでこっそり一人で勉強することもできちゃいますwww。

 

趣味の本やマンガを好きな時に読むことができる!

おじさん、意外とディープなマンガファン、多いですwww。モロジャンプ世代ド真中で育ってるので、こういう人多いよね。大好きなマンガも、ゆっくり楽しみたい趣味の本も、好きな時に楽しめます。
忙しくてなかなか平日本屋に行けなかったり、休日は趣味の時間にあてたいという人にとっては、空いてる時間にネットでチェックしておいて、休日じっくり吟味して趣味の本を楽しむって方法もありますよwww。

 

タブレットなら動画、映画、音楽も快適。出張のお供にも!

電子書籍リーダーではできないですが、タブレットなら、動画、映画、音楽なんてのもダウンロードしておいて同時に楽しむこともできちゃいます。Bluetoothの安くていいイヤホンも最近は売ってるので、電車の中でも楽々です。書籍専用にしてもいいんですが、いろんな楽しみ方ができるタブレット、かなり使えるやつですよ。

 

電子書籍のすすめ|電子書籍のサイトや解像度、インチサイズにまだデメリットあり

電子書籍のメリットばっかり言ってきてましたが、もちろんデメリットもあります。
大きく分けて、電子書籍を提供している提供元、それに付随する電子書籍リーダー、タブレットのサイズの3つに分けられます。ここんところのデメリットが私も電子書籍で紆余曲折してきた部分なので、ちゃんと理解しておいた方がいいです。

まず電子書籍のメーカー。
amazonのkindle、楽天のkobo、eBookJapan、Kinoppy・・・などなど、様々なサービス形態の電子書籍が数え出したらきりがないぐらいあります。

便利なんだけど、一つ問題が!
電子書籍はアプリの間を跨いでは見られないってことです。
電子書籍という形で規格化されているわけじゃないので、koboで買った本をkindleで読むことはできません。専用電子書籍リーダーも同じでそのメーカーで提供している電子書籍専用機になります。
kindleで買ったkindle本は、kindle専用リーダーでしか見られません。
当たり前っちゃぁ当たり前なんだけど、既存の紙の本の枠で考えちゃうと、どこで買ったって本は本なので、勘違いしちゃう人もいるかもしれないからねwww。
複数の電子書籍メーカーを渡り歩いている人は気をつけて! どこか1社に絞っておいた方がいいです。

そういう意味では複数の電子書籍リーダーをアプリとしてインストールしておけるタブレットは優秀です。何社もサービスで振り分けて本を購入したりタダで手に入れたりしている人にとってはタブレットは最高の選択肢ですよ。
ただし、こちらにもいろいろまだ問題があります。
6~8インチサイズは片手で持てて軽くていいんですが、ぶっちゃけおじさんには画面が小さいwww。

10インチサイズがベストです。

10インチだと大きすぎるという人もいるけど、横向きでちょうど単行本の見開きページとサイズが同じぐらい。縦なら1ページ2倍サイズwww。
12インチ以上になっちゃうと、ちょっと気軽に持って歩くというサイズからはみ出してきちゃうんだよね。やっぱり使い勝手でいえば10インチぐらいかな。ちょっと大きいかなってぐらいが一番いいと思います。
ただ、この10インチサイズのタブレットってあんまり選択肢がないうえに、モデルチェンジもなかなかしない。もしかしてメーカーから見捨てられてるカテゴリーなのか?

おかげでかなり安く手に入るし、電子書籍や動画、音楽用タブレットとして使うのであれば、CPUが高性能でも高額になるだけでただのオーバースペックになってしまいます。このぐらいちょっとひとつ前ぐらいの遅れてる旧型っぽい方がかえっていいぐらいですねwww。

ただしここで気になるのは解像度とROMの容量です。
バッテリー容量については、意外と6~8時間使えちゃうので問題ないですが、モデルチェンジがあまりないので解像度とROMの容量まで低いまんまで固定しちゃってるのが気になります。
画面は大きく表示することを考えてるので、解像度は1920x1200ぐらいはほしいところ。ROMもできれば64GBはほしいんですが、今メインストリームは32GBなんだよね。SDカードが入れられるから問題ないっていう人もいるけど、本当に電子書籍を使ってるのだろうか? いくらメモリーを追加しても、電子書籍の保存ってメインストレージのROMにしか保存できないんだよね。追加のメモリーはバックアップで移動するのはできるけど、結局のところ、ROMの容量が保存できる電子書籍の限界ってことになります。マンガなんかをダウンロードしてると、結構パンパンになっちゃうぞwww。まあ、クラウドに保存しておくこともできるので、大丈夫っていえば大丈夫だけど、kindleも最大32GBなので、私が欲張りすぎてるのかな?

 

電子書籍のすすめ|おじさんにおすすめのPC、タブレットのアプリ組み合わせ

試行錯誤していきついた、私の電子書籍セットを紹介しておきます。

Kindle本 (電子書籍)

アプリはkindleのみで統一してます。


Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

kindleリーダーは Kindle Paperwhite マンガモデル。単純にストレージが大きい中で一番安いから。


Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 wp タブレット ※Wi-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 6600mAh【日本正規代理店品】

タブレットは Huawei MediaPad M3 Lite 10 wp。正直ほぼ一択でしょうwww。
地デジ、オフィス、防水、サラウンドシステム内臓。一番高いiPadより高性能で安い。さすがHuaweiって底力がすごいです。


EIZO FlexScan 24.1インチ ディスプレイ モニター (WUXGA/IPSパネル/ノングレア/ブラック/5年間保証&無輝点保証)

PCは上でも書いてる通り、24インチワイドモニターでアプリを起動して拡大表示で使ってます。
私はほぼメインで読んでるのはPCです。ちょっと高いEIZOのモニターですが、プロが使ってて目が疲れない仕様になっているので、安いゲーマー向けモニターよりよっぽどいいと思ってます。
かなり少数派だとは思いますが、老眼が始まっちゃったおじさんなので、文字や絵が大きくって見やすいってことだけで選んでますわwww。

 

電子書籍のすすめ|電子書籍アプリ比較

amazonのkindle、楽天のkobo、eBookJapan、Kinoppy、honto、BOOK☆WALKER、などなど、いろんな電子書籍アプリが山ほどあります。最初の頃は私もどこがいいのかわからず、ビジネス書はここ、マンガはここ、雑誌はここ、と用途に分けてそれぞれ強いジャンルのアプリを使い分けてました。でも、だんだん支払いの方法とか違ってるので、面倒くさくなって一カ所にまとまってきました。

結局最後に残ったのは、kindle、kobo、Kinoppyの3つ。
正直言って、この3つであれば、どれを選んでもそんなに違いはないです。
ほぼ一般的に読むような本雑誌に関しては全網羅されていると思っていいですよ。
私は最終的に、登録すれば本以外でも買い物や映画を見るのに便利なamazonのkindleに1本化しました。

 

amazonの電子書籍 kindle

Kindle本 (電子書籍)

ネットショッピングで有名なamazonの電子書籍です。
もともと本の通販からスタートしたサイトなので、さすがの品ぞろえ。洋書と和書で比べると洋書の方が若干多いようですが、膨大な書籍量なので、日本の書籍ならほとんど網羅されているといってもいいぐらいです。雑誌からマンガ、ビジネス書、かなりマニアックな専門書もラインナップに入ってます。
電子書籍というジャンル自体、amazonが先駆者なのでこのkindleは外せないでしょうね。

kindleの特徴は、何といってもセット販売で安くなったり、0円書籍があったり、Kindle unlimitedという読み放題プランがあったりと、サービスの充実と満足度です。ショッピングや動画の方のプライム会員になっていると、さらに特典があったりするので、超お得。私はショッピングサイト利用登録から、ついでに電子書籍へと入ったので、最初何かのワナなんじゃないかと思うほどサービスがあってびっくりしましたwww。
書籍って、本屋では絶対定価売りじゃないですか。
当たり前だと思って疑いもしてなかったんですが、サービスで底上げすればそうじゃないっていうのを始めて教えてくれたサイトでもありますwww。

もちろんPCでも使えますが、専用リーダーもKindle一択だけじゃなく、Fireという格安タブレットもあるので、利用者のスタイルに合わせて端末を選ぶこともできます。

 

楽天ブックスの電子書籍 kobo

楽天ブックスの電子書籍 kobo
楽天ブックスの電子書籍 kobo

楽天ブックスで展開されている電子書籍です。
こちらもamazonに追い付け追い越せで展開しているのでkindleとほぼ同じぐらいの膨大な取り扱い書籍数です。
やっぱり売れ筋はマンガがメインになってしまうのか、電子書籍トップページはマンガのランキングがズラッと並んでしまってます。しかし、ほかのビジネス書や雑誌なんかも普通に置いてあるので安心してくださいwww。こんな見た目なのでマンガメインかと思いきや、実は洋書が人気だったりします。koboの専用端末は英和辞書が内蔵されているものもあるので、洋書も気楽に読むことができますよ。

ぶっちゃけ、新刊や人気の本をパッと感覚的に探したり選んだりというのは、実はamazonより楽天ブックスの方が上です。実際使ってる私が言うんだから間違いないですwww。たまにamazonだと新刊がよくわかんなくって、楽天ブックスで新刊チェックしてるぐらいですからねwww。
楽天愛用者や楽天ポイントを貯めてる人なんかは、kobo、おすすめです。

 

紀伊国屋書店の電子書籍 Kinoppy

紀伊国屋書店の電子書籍 Kinoppy
紀伊国屋書店の電子書籍 Kinoppy

マイナーなイメージの割に意外と利用者の多い紀伊国屋書店の電子書籍です。
正直なことを言えば、上の2つに比べるとちょっとラインナップは少なめですが、さすが紀伊国屋書店というべきか、本好きのことをよくわかってるというか、本が好きな人が選びそうなラインナップを揃えているところが心憎いです。
実はこのKinoppy、ソフトウエアが優秀。本の並び替えができたり、Dropboxが使えるので自炊書籍データが電子書籍リーダーに呼び込めたりと、ほかの無料専用リーダーソフトではできないことができてしまうのがすごい。
自称本好きを名乗っているのであれば、ぜひ使ってもらいたいですね。

 

電子書籍のすすめ|電子書籍タブレット比較

こいつはちょっと面倒です。
私がKindleユーザーだからというわけではないですが、最もメジャーなKindleについて解説しときます。
ここではKindleの比較とタブレットの比較の2つに分かれます。

 

Kindleは、Kindle Paperwhite マンガモデルが基準

Kindle本を読む場合、FierとKindleリーダーに分けられます。
Kindleリーダーで一番売れているのは、プレーンの「Kindle」です。一番安いしセールやキャンペーンの時なんかだと5000円台で買えてしまう優れもの。なのでみんな「Kindle」を基準に考えてしまいますが、実際使ってる側から言うと「Kindle Paperwhite マンガモデル」が基準でありベスト製品だと思ってます。

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

マンガモデルっていうネーミングが悪いよねwww。マンガ専用機みたいなイメージがついちゃってる。
これ、さりげなく相当盛っててかなりいいですよ。機能面でいえば、無料3G接続と防水がないだけで最上位機種のOasisとほとんど違いがない。しかも安い!
一番のポイントはストレージが32GBだということ。
Oasis以外4GBしかストレージがない中で、中堅の、しかも派生機種扱いなのに32GB内臓というのは見逃せません。

片手でマンガを読むのには全く問題がなく、書籍だって普通に読むことができます。
Kindleリーダーで失敗したくなければ、私は「Kindle Paperwhite マンガモデル」をすすめます。

Fierは、格安タブレットになります。
こちらも一番売れてるのは Fier HD 7 ですね。こちらもキャンペーンで買えば5000円台で手に入ってしまうんですが、やっぱりせっかくタブレットを選ぶのであれば10インチサイズはほしいところです。
なのでちょっと価格はあがってしまいますが、私は Fier HD 10 をすすめたい。
10インチでストレージが64MBを選べるというのはかなり優秀。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB

ただOSがamazon専用機になっちゃうのと、最新機種と比べるとちょっと性能が劣るのがポイント。気にならないならOKです。普通に家庭用で使うんであれば問題ないですが、価格的にもうちょっと頑張るとHuaweiが低価格で肉薄してきてるってのが気になりますね。どっちを選ぶかは好みになってしまうかと思います。

 

10インチサイズタブレットはHuaweiが圧倒的

私も使ってる「 Huawei MediaPad M3 Lite 10 wp 」
今現在では、10インチサイズタブレットって、正直言ってこれ一択と言っていいほどラインナップがありませんwww。

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 wp タブレット ※Wi-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 6600mAh【日本正規代理店品】

iPad Pro、NECのLAVIE Tab E、ASUSのZenPadなど、あるにはあるんですが、う~ん、どうだろう?
iPad Proはメッチャ高性能だけどその分マジか!ってぐらい高いし、ほかの機種も機能的に見るとちょっと落ちるというか、やっぱり見劣りして同価格帯かぁって思っちゃうwww。
地デジ、オフィス、防水、サラウンドシステム内臓と、はっきり言ってiPad Proでも全部は搭載してないし、欲しいなって機能は死角なしで全部そろってるって感じです。ストレージは32GBなので、ホントは64GBはほしいところなんですが、この値段では贅沢ってもんですよねwww。

ホントはもっとこのサイズのタブレットを作ってもらいたいところなんですが、おじさんが気楽に持ち運べて、目にもやさしいっていうと、「 Huawei MediaPad M3 Lite 10 wp 」おすすめです。

 

電子書籍のすすめ|オヤジにこそ電子書籍は強い味方!!

結構ページが長くなってしまいましたが、どうでしょう?
おじさんにはなかなか強い味方でしょwww。
スマホのでっかい版だと思えば、そんなに難しく考えなくてもすんなり使えますよ。
若い人向けに作ってると思いますが、おじさんにこそ、必須アイテムになりそうな気がしますwww。

 

今回のコンテンツに登場したもの一覧

Kindle本 (電子書籍)

楽天ブックスの電子書籍 kobo
楽天ブックスの電子書籍 kobo

紀伊国屋書店の電子書籍 Kinoppy
紀伊国屋書店の電子書籍 Kinoppy


Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Oasis、電子書籍リーダー、Wi-Fi、32GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB


Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 wp タブレット ※Wi-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 6600mAh【日本正規代理店品】

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 タブレット ※Wi-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 6600mAh【日本正規代理店品】

Apple iPad Wi-Fi 128GB ゴールド

ASUS(エイスース) 10.1型タブレットパソコン ZenPad 10 Wi-Fiモデル

ASUS ZenPad 3 8.0

NEC 10.1型タブレットパソコン LAVIE Tab E TE510/HAW


 

 

-デジタル
-, , ,