バイク・クルマ

Ninja ZX-25Rが遂に登場! 250cc4気筒バイクにおじさんは飛びつくのか?

2020年8月7日

Ninja ZX-25Rが遂に登場! 250cc4気筒バイクにおじさんは飛びつくのか?
【公式】カワサキモータースジャパンより引用

カワサキのNinja ZX-25Rが遂に登場です。
出るぞ出るぞと言われてたけど、ついにって感じですねwww。
バイクに興味がない人は「なんのこっちゃ?」って感じだと思いますけどwww。興味が無ければこの記事は飛ばしちゃってください。

現在の250ccのバイクの主流は2気筒のパラレルツインか単気筒エンジン。でも、おじさんがオートバイに乗り始めた頃はレプリカブーム真っただ中で4スト250ccといえば並列4気筒のマルチエンジンが主流でした。バイクといえば4気筒ハイパワーが当たり前だったんだよね。

2007年の排ガス規制でクオーターマルチエンジンは全滅してしまいましたが、Ninja ZX-25Rの登場で並列4気筒のマルチエンジンが久々の復活! 業界が沸いてるわけですwww。

 

ZXR250やバリオスを知ってる世代ならZX-25Rと言われたら「おぉ~!」って思うよねwww。待望の250cc並列4気筒マルチエンジントラクションコントロールからクイックシフターまで付いてる豪華装備。実物をショールームで見たけどメカメカしくて超かっこいい! マルチエンジンの45psマシンが現代の技術で復活!って訳だから、興奮しないわけがない! しかも安い! 100万円越えが当たり前って言われていたのに、80万円台に抑えたのもカワサキの本気を感じるぜww。

というわけで、おじさんにとっては久々の並列4気筒の250ccですが、ノスタルジーで飛びつくのかと言われると・・・

ちょっと・・・微妙www。

「うおぉ~!、スゲェ~!、懐かし~、ふ~ん、でもまあ、こんなもんかな」
で、終わっちゃいそうな気がするゾwww。

私と同年代の人なら分かると思うけど、私らの世代はクオーターマルチばっかりだったからねぇ、中古車も20万円台からゴロゴロしてた時代だったから何台も4気筒車乗り継いだ人もザラでしょう。懐かしい、とは思うけど、良いとこも悪いとこも知り尽くしてるんで、おじさんは感覚的に、多分すぐ飽きちゃうと思うなぁwww。

おじさんが250ccで4気筒に乗るんだったらもうちょっと走るのが楽な650ccミドルクラスの方に流れちゃうだろうし、250ccに乗るならコンパクトで軽くておもちゃ感がある方が面白い。それに今や小排気量の2気筒や単気筒の面白さにも気がついちゃったわけだからねぇ、「今さら感」がおじさんにはやっぱりあるよねぇwww。

買った人にちょっと乗らせてもらったり、今ならレンタルバイクもあるから少し乗ったりして、なんかそれで満足しちゃって終わりそうッスwww。

正直250cc の4気筒は、音が良いんだよねぇ、高回転までモーターみたいに回ってうっとりするような陶酔感があります。ただ、小さい排気量なのでパワーバンドの高回転域以外は・・・って乗り物になりそうな予感がしますよww。

250ccクラスだったら、私は2気筒・単気筒ぐらいがちょうどいいんじゃないかと思ってますわw。
パワーベースじゃなくトルクベースで走れるし、高速走行もそこそこ。一般道を走るならダッシュ力では2気筒・単気筒の方がはっきり言って上。法定速度の一般道でギャンギャン回して走るのも80年代じゃないんだから、どうかと思うし、ぷっちゃけ疲れますwww。
もちろん2気筒、単気筒でトルクフルな鼓動を楽しみたいとなるとSOHCで500cc以上ないと難しいと思うけど、走行フィーリングや軽さを生かしたおもちゃ感は250ccクラスは秀逸。
キビキビ走るんだったらこっちの方がストレスなくていいと思うよ。4気筒より2気筒の方がなんか損してる感があるかもしれないけど、そういう損得の区別ではないからね。気筒数が少ない方が低速のトルクが上がるけど高速でのパワーが低くなる。つまりどこに重きを置くかってことなので、損するわけじゃありませんww。今現在街乗り2気筒エンジンが主流になってるのを考えても、納得できると思うんだけどねぇwww。

 

そもそもこの4気筒、誰が熱望して復活したんだろう?
メーカーではないよね?
正直250ccの4気筒は10年以上前に終わった技術です。4輪でも2輪でも、もう終わった古い技術を引っ張り出してきてメインストリームに置くなんてのは今まで聞いたことが無いです。だいたい技術屋ってのは新しい技術をやりたがるもんで、終わった古い技術を引っ張り出してきたりはしないもんですよ。まだ全然やり残しがある2気筒を放っておいて、メーカーがやりたがったとはとても思えませんよねwww。

もしかして、今、東南アジア市場は国を挙げてのバイクレースブームなので、そっちでの需要があるのかな? いやいや、もしそうだとしたらカワサキより先にホンダが動いてるはず・・・
おじさん的には、あったら面白いとは思うけど、熱望まではしないよなぁwww。

そうすると、今の若いライダー層か? そうなのか?
そうだとすれば、今後の日本のライダー事情は明るいぞwww。

ライダー人口は、年々減ってるって言うんだけど、実はメインの固定層がずっといて、それがそのまま年取ってるだけって話です。ここにも高齢化の波、きてますww。新規の若いヤンチャ層があんまり増えてないって言われるから、スパルタンな車種に若い層が興味津々ってなら、なんか、面白いことになっていきそうだよねwww。

今後のバイク業界に超期待したいッス!

もしおじさんやリターンライダーがターゲットだったら、250cc 4気筒は、多分一過性のブームに終わっちゃうような気がする。でも、価格もコストから考えれば異常なぐらい激安なので、カワサキもこのまま一過性のブームに終わらせる気は無さそうだよね。

今後絶対ほかのメーカーも250cc 4気筒出してくるでしょうしね。

だとすると、今後の流れはどうなるんだろうね?

私の予想では、今後しばらくクオーターマルチはカワサキの独壇場かな?
2~3年後にスズキがGSX-Rの名前を付けて250cc 4気筒リリースしてくるだろうなぁww。
そこから2年ぐらいたって採算がとれると分かったらヤマハ、ホンダが参戦してきて、CBRの名前でホンダが独り勝ちって感じwww。まあ、いつものパターンでしょうね。中低域に振ったネイキッドモデルはその後の様子をみて登場かなぁwww。

個人的にはヤマハは参戦してこないような気がしてますよ。元々FZ250フェザーが250cc4気筒の火付け役だったので、言ってみればヤマハはクオーターマルチの先駆者。でもね、私も乗ってたFZRのセールスでヤマハは失敗してるんだよねぇww。おかげでイルカデザインのZealを最後にMT-25が登場するまでの間、15年近く250ccロードバイクがラインナップに無いという暗黒の空白期間がヤマハにはあったんだよね。このトラウマがあるから、出さないような気がするなぁwww。最低でもFZRの名前は付けないでしょうねww。

ただ、今のヤマハは、他とはちょっと違うことをしてくるような気がしてます。たとえば250cc3気筒とか、電動バイクでマニュアル操作のドッカンパワーバイクとかね。ちょっとありそうでしょwww。

 

そうなってくると、市場としては2気筒のSSやネイキッドの2気筒は売れなくなるんだろうなあ。
かといって、技術屋としてはラインナップからは外すわけにもいかないだろうし・・・悩ましい状態からの、価格が大幅ダウンの予感ww。

クオーターマルチに執着がないおじさんとしては、ちょっとおいしいクラスになるかもしれないですね。
多分性能は今と同等、もしくはちょっと上なのに、2気筒の面白いおもちゃバイクが安く手に入るようになるかもしれませんwww。
私としては、そっちの方が本命だったりしてwww。

まあ、先のことは分からないですが、いろんな意味で250cc4気筒は大歓迎www。
ただおじさんは、多分乗る人少ないと思いますね。

当時乗れなかった人か、オフ車や旧車メインで乗ってこなかった人、もしくはもう欲しくて欲しくて身もだえてるマニアックなおじさんぐらいじゃないですかねwww。まあ、一度は乗ってみたいけど・・・って人が大半かな? 絶対数は少ないような気がしますよ。

私も多分、ちょっと借りて乗ってみると思いますwww。
ただ、出始めでマシントラブルも多いと思うので、ちょっと時間空けて様子見かなぁww。

今後のバイク業界がガラッと変わりそうで楽しみです。

 

-バイク・クルマ
-, ,

© 2020 Attaboy!