広告 ミドルエイジのライフスタイル

【大人のマナー】お歳暮を贈る時期・期間はいつからいつまで?

2023年10月27日

【大人のマナー】お歳暮を贈る時期・期間はいつからいつまで?

こんにちは!Attaboy 運営人のアキラおじさんです!

今回は、お歳暮を贈る時期・期間について、いつ贈るべきかまとめました。

お歳暮、ちゃんと贈ってます?
おじさんになるといろいろお世話になった人が増えちゃって増えちゃって、大変ですw。

お歳暮は、お中元ほど地域別でズレもあまりなく、年末という事もあってあまり個人用、取引先用で分ける必要も少なくて済みますね。もちろん会社向けにナマモノはご法度ですが、そういった常識的なマナーが分かってれば、そこまで神経質になる必要は無いかなぁって思ってます。

私は、関東ルールが最近は全国的に通用するようになってきたので、
12月1日着、もしくは10日までの間の届く日のどれか
で、まとめて贈るようにしてます。

ただ、お歳暮は地域によって時期が微妙に違うので煩さ方がいる場合は注意が必要ですよ。
遠方に住む親戚や知り合い、仕事でお世話になった方などへお歳暮を贈るときは、相手の住まいに合わせた正しい時期に贈るさりげない心遣いがマナーになることも多いですからねww。
特に年配の方などは、厳格で厳しい方が多いので気をつけましょうw。

また、最近は宅急便の人手不足やインボイスによる軽貨物ドライバーの契約解除が続いているので、結構事前に申し込みをしておかないと希望の日に届かないという事もあり得るかもしれません。
お歳暮の場合、1か月~2週間前から申し込み受付ができるので、出来れば1か月前に手配を! 早めの申し込みをしてくださいね。贈りたい日時がキャパオーバーになると、締め切られてしまうこともあるので注意ww。

最近は「儀礼」「虚礼」廃止になっている企業も多いし、近頃は会社に人がいないという事も減ってきましたが、リモートワークを引き続き行っている会社もあります。
若い世代は「虚礼に意味無し」ってお中元・お歳暮をスルーしてる人も多いみたいですが、おじさんは責任やらいろんな人の生活やらがドシッと両肩に乗ってるのでそんな気楽なこと言ってられないよねぇw。お歳暮はなんだかんだ言って必ず贈るようにしてますよw。

今回のポイントとしては、こんなところです。

  • お歳暮を贈る地域別の時期・期間
  • お歳暮を贈り忘れた時の対処方法
  • お歳暮を贈る時のマナー・注意点
  • お歳暮で喜ばれる品・ジャンル

お歳暮を贈る時期・期間や、気をつけた方がいい内容などをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

お歳暮は、個人向けと取引相手先で分けた方が良い

お歳暮は、個人向けと取引相手先で分けた方が良い

お歳暮は、年末の贈り物として日本の伝統的な文化です。
年の瀬に感謝の気持ちを込めて家族や友人、取引先、上司、親戚などに贈るもので、相手にとっては心温まるギフトになります。
一般的に、お歳暮の贈り物には食品、季節の贈り物、お酒、スイーツ、お茶、果物、ハム、洗剤、入浴剤、調味料などがあります。これらの品物は、年末年始のごちそうや暖かいひとときを提供するために選ばれてます。

お歳暮は個人向けと取引相手先であまり分けなくてもいいと書きましたが、相手によってはある程度分ける必要が出てきます。
例えば個人向けであればナマモノや海産物というのもお歳暮に入ってきますが、冷蔵庫があるかどうかわからないオフィス向けに贈るのはさすがに迷惑です。相手によってはお酒やビールなど贈るのもご法度になってきます。

最近ではテレワークがだいぶ少なくはなってきましたが、それでも会社にあまり人が集まらないという取引先も少なくないです。そういう会社であれば、社内で分け合えるものや日持ちがして会社内で消費できるコーヒーや紅茶などを選ぶというのもありだと思いますね。
仕事納めの確認や個々の社員が出社したタイミングで受け取れるか?などの配慮も必要です。
意外と会社宛ての場合重宝するのがカタログギフトだったりします。直接品物が届くという訳ではないので、利用してみるというのもアリですね。

個人向けであればあまりそういった配慮は必要ないですが、海産物やお肉などの場合は、できれば 12月20日前後の年末近くに届くように贈るというのも配慮の一つ。
一般的にはそういう細かい配慮が必要無いものを選んでお歳暮ではまとめて贈ってしまうことが多いですが、ある程度相手先の状況というのを考えて送るのも必要になってくると思います。

テレワーク・リモートワークの人もお歳暮は贈るべき?

テレワーク・リモートワークの人も、お歳暮は贈るべきです。
実際にテレワークやリモートワークをやっている人であれば何を今更っていう話ですよねw。

私もテレワーカーなのでよく分かるんですが、普通に会社に出社してたときよりも直接人と会う機会というのが極端に減るんですよね。
直接会える機会が減ったせいで、せっかくの人間関係がそのままフェードアウト、縁が切れてしまうっていうことがちょっと怖いですよw。
会社に出社していた時よりも、お中元お歳暮というのにはかなり気を使うようになりました。
テレワーク・リモートワークの方は、会社員的な感覚よりも自営業者的な感覚でいた方が良いですw。
完全テレワークでなくても、週の半分がリモート、週2日だけリモートっていう人も、今は多いと思います。
人と直接会う機会が減ってきてると思うのであれば、気にした方が良いと思いますよ。

コンプライアンス違反で贈答禁止の大企業に注意!

取引先宛にお中元やお歳暮を贈るとき、最近は特に、大企業で贈答禁止の会社が増えてきているので気をつけてください。

お中元やお歳暮を贈る理由よりも「取引先へ物を贈る」「受け取る」という行為が、コンプライアンス違反として引っかかることが少なくないようです。
公務員の場合は贈っちゃいけないし受け取っちゃいけないですが、以前NTTやNHKの関連会社に お歳暮を贈った時に丁寧に断られたので、おそらく半官半民の会社もダメみたいです。
社内コンプライアンス委員会が立ち上げられて、取引先が担当者の自宅宛てにお歳暮やお中元を贈ることも禁止している会社もあるので、人としてお世話になったからと簡単に贈っちゃいけないことも多いみたいです。
あんまり何も考えないで、自分が習慣になってるんで贈ってしまうと、かえって相手に迷惑をかけてしまうことがあるので、確認が必要ですw。

逆に中堅クラス以降の会社は特に細かいルールというのはないみたいですね。
むしろコミュニケーションツールとしてごく普通に贈り合いをしてますww。
相手の状況によって個人的に贈るのもダメってこともあるのでちょっと考えないといけないかもしれないですね。
難しいけどうまくすり合わせを考えてみてください。

具体的なお歳暮のおすすめは別ページにまとめているので、こちらを確認してみてください。

お歳暮の時期はいつからいつまで? 関東・沖縄・その他地域の時期の違い

お歳暮の時期はいつからいつまで? 関東・沖縄・その他地域の時期の違い

お歳暮を贈る地域的な違いについてまとめました。

関東地方のお歳暮時期

12月1日~12月20日

関東地方では、お歳暮の時期が他の地域と比べて若干早いです。
一般的に、12月1日から12月20日がお歳暮の時期とされています。東京をはじめとする関東の大都市圏における年末の混雑を避けるために、早めに贈る習慣があるためです。
年々時期が早まってきている傾向があり、会社などでは11月には準備を始めて11月末には発送してしまうことも珍しくありませんよ。
関東地域へのお歳暮は早めの準備と発送を心がけてください。
また、関東地方ではお歳暮の品物に一定の地域差も見られます。東京都内では洋風のお歳暮が多く、スイーツや洋菓子、ワインが人気です。この地域の人々は、年末は特に忙しく、家族で贈り物を楽しむことから、手軽で美味しい品々が重宝されます。

沖縄地方のお歳暮時期

12月1日~12月25日

沖縄地方ではお歳暮の時期が関東と比べて遅めです。
こちらでは、12月1日から12月25日までが一般的なお歳暮の贈り時期です。この遅い時期は、年末の忙しさを過ごし、新年をゆったりと迎える文化が根付いているためです。
期間が長く遅いとはいえ、年末にかけて旅行や里帰りしている方もいるので、あまり遅くなるようにはしたくないですね。受け取り可能か在宅確認は必要になるかもしれないです。
沖縄地方では、伝統的な日本の品物や和風のお歳暮が好まれます。和菓子や日本酒、おせち料理など、地域の風習や文化に合致する品物が選ばれます。また、お歳暮の贈り物は家族や親戚と共に楽しむことが多いため、季節感や風味を大切にするのが特徴です。

その他地域(東北・北陸・東海・中国・九州)の時期違い

12月10日~12月20日

関東と沖縄以外の地域、東北、北陸、東海、中国、九州など、日本全国のその他の地域においてもお歳暮の時期は異なります。これらの地域では、一般的には12月10日から12月20日がお歳暮の贈り時期ですが、全国的に年々時期は早まっている傾向がありますね。
少し早くても問題はありませんが、お歳暮の品物も地域ごとに異なり、地域特有の風味や文化を反映した品々が贈られます。地域によっては、お歳暮を贈る習慣そのものが異なることもあるため、贈り物を選ぶ際には相手の地域や好みに合わせた配慮が必要です。

お歳暮の時期については、地域ごとの違いを理解し、相手の住んでいる場所を考慮に入れることが大切です。
地域によって異なるお歳暮の文化を尊重し、感謝の気持ちを贈り物を通じて伝えましょう。

11月下旬に贈るのも「アリ」

12月にお歳暮を贈ることが一般的ですが、近年では11月下旬にお歳暮を送ることも増えてきています。これは、年末に忙しいと感じる人が、早めに贈ることで相手に贈り物が届くことを確実にするためです。ただし、これも相手の地域や都合に合わせて行うべきですね。

贈る品物や相手の都合も考慮する

お歳暮の時期だけでなく、贈る品物や相手の都合も考慮することが必要です。贈り物の選択肢は多岐にわたり、相手の好みや家族構成、お歳暮を贈る関係性に合わせて選ぶことが求められます。また、喪中の相手には忌明け後に贈るなど、相手の状況にも気を配ることが、お歳暮のマナーに関わる大事なポイントです。

お歳暮を贈ることを忘れてしまったときの対処法

お歳暮を贈ることを忘れてしまったときの対処法

お歳暮のお返しやお歳暮の贈り時期を逃してしまった場合、焦ることなく、のしの表記を変えて贈りましょう。お歳暮を贈ることを忘れたときの対処法について詳しく説明します。

お歳暮をお年賀として贈る

お歳暮をお年賀として贈ることができます。お年賀とは、新年に贈る贈り物のことで、通常は1月1日から7日までの期間に贈ります。
ただ関東と関西で期間が少し違います。

  • 関東の場合は1月1日から7日まで。
  • 関西の場合は1月1日から15日までが松の内。

この期間に贈るか、基本は持参して伺うのが良いでしょうね。

お年賀の品物には、おめでたいお菓子や健康を願う品々が選ばれることが一般的です。この対処法は、お歳暮の遅い地域で特に有効ですよ。

お歳暮を寒中御見舞として贈る

お年賀にも間に合わなかった場合、寒中御見舞というアプローチもあります。寒中見舞いは、年の初めから寒い季節に、健康を気遣ったり、近況を報告したりする贈り物の習慣です。

  • 通常1月8日から2月4日まで。
  • 関西では1月16日から2月4日まで。

寒中見舞いは、相手に温かい気遣いを示す方法として受け入れられています。お歳暮を寒中見舞いとして贈る際には、季節に合った品物を添え、相手の健康や幸福を願いましょう。このような柔軟性を持つマナーを守ることで、お歳暮の忘れをカバーできます。

ネットなどで注文して送る場合は、必ずと言っていいほど熨斗(のし)は選べるようになっているのでまず問題は無いですよ。
失礼を免れつつ、素敵な贈り物で新しい年を始めましょう。

熨斗(のし)

  • 12月中は「お歳暮」
  • 1月1日~7日(関西は15日)までは「お年賀」
  • 1月8日(関西は16日)~2月4日までは「寒中御見舞」

お歳暮を贈る際のマナーとポイント

お歳暮を贈る際のマナーとポイント

お歳暮を贈る際には、特定のマナーやポイントがあります。相手に喜んでもらうために、お歳暮のマナーと贈り物選びのポイントはチェックしておいてください。

熨斗の水引と表書きの選び方

熨斗(のし)はお歳暮に欠かせない要素の一つです。熨斗は包装に使われ、そのまま贈り物の中身を見せずに渡す役割があります。熨斗の種類や水引(結び方)を選ぶことで、贈り物の意味合いや感謝の気持ちを表現できます。
お歳暮の熨斗の水引は結び直せる蝶結びを選びます。表書きは「御歳暮」または「お歳暮」と、贈り主の名前や個人の名前を書き入れましょう。

簡易包装でもOK

最近では過剰包装を敬遠する傾向が強いため、エコな簡易包装でのお歳暮でもあまり敬遠されることは無くなりましたね。特に会社宛ての場合だと、ごみが減るので逆に喜ばれる場合も多いです。
ただし、礼儀に煩い地方の親戚などは、中身より有名百貨店や高島屋の包装紙の方が重要という人がまだいるので、注意が必要ですよw。

お歳暮のお返しのマナー

基本的にお世話になった方への感謝の気持ちを込めた贈り物なので、お返しをする必要はありません。
まずは早めに電話か手紙でお礼を伝えるのが基本です。
ただ、気持ち的に気が引けるというのであれば、同額から半額程度の品を贈るというのがマナー。

お歳暮のお返しのタイミングも大切です。お歳暮を受け取ったら、できるだけ早くお返しをすることが良いマナーとされています。一般的にはお歳暮を受け取った後、1か月以内にお返しをするのが一般的です。

喪中の相手への注意事項

喪中の相手にお歳暮を贈る際には、配慮が必要です。
喪中の期間は、亡くなった家族や親しい人を偲ぶ時期であり、お祝い事や贈り物は避けられます。
ただ、お歳暮は、お祝いの象徴ではなく日頃の感謝やあいさつ代わりに贈るものなので、相手が喪中の場合でも贈ってもかまいません。
宗派などにもよりますが、「忌中」と呼ばれる四十九日を迎えるまでの期間は慌ただしい中、贈られても逆に迷惑なので控えてください。さらに、忌中に贈り物をするのは、香典としての意味合いにもとられてしまう可能性の方が高いです。

お歳暮は忌が明けた後に贈るという配慮が必要です。年内に忌が明けないなら、「寒中御見舞」として贈る方が無難です。

【PR】喜ばれるお歳暮の選び方

贈り物を選ぶ際、相手が喜び、感謝してもらえる品物を選びましょう。
喜ばれるには定番のジャンルというのがありますので、ぜひ活用してみてください。

洋菓子や和菓子などのスイーツ

お取り寄せでしか買えない高級プリン専門店「プリン研究所」はコチラから!

お歳暮にお菓子類を贈るというのは、個人向けでも会社宛てでもかなり喜ばれるジャンルです。
洋菓子が好きな方には、高級なチョコレートやクッキーを。一方、和菓子が好きな方には、季節の和スイーツや和三盆糖が喜ばれるでしょう。

ハム・ソーセージ・ローストビーフ

丸大ハム
¥3,010 (2023/11/30 23:16時点 | Amazon調べ)

冬の定番ギフトと言えば、ハム・ソーセージなどの食肉加工食品。
年末の忙しい中でも手軽で、しかも年の瀬の豪華な食事にも使えるという事で、ご家庭派には絶大な人気があります。特に相手方の奥さんには喜ばれるギフトなので、チェックしておくといいですよ。

健康ギフト・ヘルシーフード

野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ

健康志向の総菜やスープ、ギフト用にパッケージングされたヘルシーフードも定番です。
自分で買うにはちょっと敷居が高いけど貰うと嬉しいという商品の典型ですね。これもかなり女性受けがいいですが、最近は中高年の男性にも喜ばれるギフトになってきてるので、選択肢に入れておいても良いと思います。

カニ・海鮮・海の幸

冬のギフトならではの定番と言えば、カニや海の幸などの海鮮ギフト。
絶対喜ばれること間違いなしです。たたし会社宛てに贈るとメッチャ迷惑ですし、鮮度が命なのでクール便や旅行などでいないなどの在宅の確認が必要。絶対選択肢に入れておきたいところですが、意外と贈るのが難しいという側面もあります。
個人的には自宅用にも欲しいと思ってる人が結構いるんじゃない?

お酒

お酒は多くの人にとって喜ばれる定番の贈り物です。
お酒好きならなんぼあってもいいですし、冬休みに向けて楽しみという人も多いです。相手が日本酒好きなら、地元の蔵元の銘酒を贈りましょう。ワインや焼酎も喜ばれる選択肢です。

果実・フルーツ

冬の定番ギフトの一つですね。誰にでも絶対喜ばれるハズレがないギフトでもあります。
生のフルーツだけではなく、ゼリーや加工品というのも色鮮やかで楽しいギフトなので、ぜひチェックしておいてください。正直、何を贈ったらいいか分からなくなった時はこれを贈っておけば大丈夫というギフトジャンルでもありますよw。

コーヒー・紅茶セット

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ROKUMEI COFFEE CO.

先にちょっと触れた通り、会社宛ての場合の時に重宝するギフトの一つです。
ただ、コーヒーや紅茶好きという人は結構味にうるさい人も多いので、定番商品詰め合わせか自分ではちょっと買わない変わった味やこだわりの品のギフトというのがおすすめ。
ちょっと変化球を加えられる定番って感じです。

カタログギフトの魅力と利用方法

選べるおもてなしカタログギフト【シャディ公式】。

カタログギフトは、相手が好きな商品を自分で選べる点が魅力的です。また、様々なジャンルの商品をカタログから選ぶことができ、季節や相手の好みに合わせた贈り物ができます。
リモートでオフィスに人が少ない会社などには、意外と重宝されるギフトです。

贈り物選びが難しい場合や相手の好みをよく知らない場合には、カタログギフトを検討してみるのもアリです。商品の詳細情報や注文方法はカタログに記載されているので、使い方が簡単です。

何を贈るのか迷っているなら、お歳暮のおすすめは別ページにまとめているので、こちらを確認してみてください。

お歳暮を贈る前の準備とおすすめショッピング先

お歳暮を贈る前に、ちょっとした準備が必要です。また、適切なショッピング先を選ぶことも大切です。それについて詳しく説明します。

お歳暮の準備を始めるタイミング

お歳暮の準備は、贈り物を配送するために早めに始めることがおすすめです。年末は宅配業者の混雑期でもあるため、配送に時間がかかることがあります。お歳暮の配送を急がずに確実に行うために、以下のポイントを押さえましょう。

早めの予約

ショッピング先に早めに注文し、配送日時の指定を行いましょう。これにより、自分のスケジュールに合わせて確実に贈り物を送ることができます。
大体到着日の1か月前から2週間前ぐらいには申し込みができるので確認してみてください。
また、お中元・お歳暮は配送日予約の数がいっぱいになるとその日は締め切ってしまうことがあるので注意が必要です。

日程の確認

毎年贈る日、配送にかかる日数を確認しましょう。特に、お歳暮を受け取る相手の都合や場所が遠い場合は、余裕をもって手配することが大切です。
また、贈る品によっては相手の在宅確認もある程度必要になってくるので注意が必要です。

お歳暮ギフトのショッピング先紹介

お歳暮の贈り物を選ぶ際、ショッピング先の選択も大切です。以下は、お歳暮のギフトを購入する際におすすめのショッピング先を紹介します。

  • 百貨店
    多くの百貨店では、季節ごとにお歳暮のギフトコーナーを設けています。品ぞろえが豊富で、高級感あふれる商品が揃っています。
  • オンラインショップ
    インターネットを活用して、オンラインショップからお歳暮のギフトを選ぶのも便利です。多くのオンラインストアが、幅広いジャンルの商品を取り扱っており、値段比較も容易です。
  • カタログギフト専門店
    カタログギフトを取り扱う専門店もあります。相手が自分で好きな商品を選べる点が魅力です。
  • 地元の特産品店
    地元の特産品や名産品を贈るのも一つのアイデアです。地域ごとの個性的な商品を贈ることで、相手に新しい発見を提供できます。
  • フードギフト専門店
    高級食材やグルメ商品を扱う専門店もあります。美食家の方への贈り物に最適です。

【大人のマナー】お歳暮を贈る時期・期間はいつからいつまで? まとめ

【大人のマナー】お歳暮を贈る時期・期間はいつからいつまで?

お歳暮は、年末の感謝とお世話に感謝の気持ちを表す素敵な慣習です。時期を逃さず、相手の好みや用途に合わせた贈り物を選び、マナーを守って贈ることが大切です。最高のお歳暮の贈り物で、年末を素敵に締めくくりましょう。

お歳暮の時期は年末から年明けにかけての期間ですが、具体的な日付には地域や習慣による違いがあります。そのため、相手の地域や風習に合わせた贈り物を選ぶことが大切です。

お歳暮の時期

関東地域
12月1日~12月20日

沖縄地域
12月1日~12月25日

その他地域(東北・北陸・東海・中国・九州)
12月10日~12月20日

最近は関東ルールが全国的に通用するようになってきたので、私個人としては、
12月1日着、もしくは10日までの間の届く日のどれか
で、贈るようにしてます。

お歳暮の時期はだんだん早まってきてはいますが、年末から年明けにかけてです。一般的には12月中旬から1月上旬にかけてが一般的ですが、地域ごとに異なることに注意してください。

お歳暮のマナーや注意点も確認しておいてくださいね。
相手の都合や好みに合わせた贈り物選びと、配送のスケジュールを適切に管理しましょう。また、喪中の場合や寒中見舞いに関しても配慮が必要です。お歳暮を贈ることで、素敵な瞬間を相手と共有し、感謝の気持ちを伝えましょう。

お歳暮の贈り物を選び、素敵な年末・年明けの贈り物を楽しんでください。

-ミドルエイジのライフスタイル
-, ,