バイクメンテナンス・整備

おじさんの日常の足、シグナスX-SR(SE44J)のエンジンオイル交換とギアオイル交換の方法

2020年12月29日

おじさんの日常の足、シグナスX-SR(SE44J)のエンジンオイル交換とギアオイル交換の方法

今回はエンジンオイル交換とギアオイル交換の方法です。

クルマのファミリーバイク特約が使える125ccスクーターは、おじさんの通勤・日常の足ですよね。
私の愛車はヤマハ シグナスX-SR(SE44J)、もう、すでに3世代ぐらい前の機種になっちゃってるのかな?
でもまあ、まだまだ現役バリバリですわw。
最近は125ccのスクーターがブームなので、なんちゃってビッグスクーターみたいなのが多いですが、シグナスは普通のスクータータイプで積載量の多さが魅力です。ただねぇ、好んでシグナスを選んでるおじさんには気をつけた方がいいですよw。今でこそ普通のスクーターですが、ちょっと前までかっ飛びスクーターの代名詞だったし、若い頃飛ばし屋のライダーだった生き残りでベテランが多いからねww。

さてさて話がそれましたが、ちょうどエンジンオイルとギアオイルの交換時期が重なってきてしまったので、まとめてオイル交換をしたいと思ってます。

ただ、今までスクーターのメンテはバイク屋に丸投げしてたんだけど、長年お世話になっていたバイク屋が店を閉めちゃったんだよねぇ~、完全にバイク屋難民ですわw。

さてはて、近所に気軽に持ち込めるバイク屋が無くなってしまったので、しょうがない、昔取った何とかで、自分でオイル交換をしてみました。

正直バイクのオイル交換なんて、クルマに比べたらそんなに難しいもんじゃないので、チャチャッとやってしまいましょうw。
私のシグナスは日本仕様のスクーターですが、台湾仕様のスクーターでもこの辺の構造はまったく同じ。私のシグナスは3型だったかな? 2型、3型、4型、グリファスも多分そんなに違いは無いと思います。

下手すればほとんどのスクーターすべて同じ構造だと思うので、参考にしてみてください。

スクーターはエンジンオイルとギアオイルが別です。オイル交換時期が違う!

まず、基本情報を理解しておいてください。

日本の4ストスクーターは、エンジンオイルとギア(ミッション)オイルが別になってます。

普通のオートバイしか乗ったことがないと「え?」と思うかもしれないですね、私も最初びっくりしましたw。まるで2ストみたいw。

通常4ストのバイクはエンジンとミッションが一つになっているので、別々にオイル交換をするという概念がありませんでした。

オイルが一緒になっていると一回のオイル交換で全部入れ替えができるので手間がかからないというメリットもありますが、エンジンとミッション(ギア)の両方が入っているので、オイルの汚れや消耗は早いというデメリットもあります。

スクーターの場合、実質的にミッションがベルト駆動のセカンダリー側にあるのであまり消耗がないんですわ。後輪のギアボックスを開けてみると分かりますが、ギアが何枚かとベアリング、後輪の軸しか入ってないんですよねw。

ギアが後輪にほぼ直結していることや、あまり極端な稼働が無いこと、長距離メンテフリーというのを実現するために、スクーターは別々になっている。と、むかし知ったかライダーに教えてもらった記憶がありますよw。
まあ、どこまでホントかは分かりませんが、別々にオイル交換が必要なのだけは確かですよ。

シグナスのオイル交換時期・距離

  • エンジンオイルは3,000kmごとか、1年使用で交換目安。
  • ギアオイルは10,000kmごとか、4~5年使用で交換目安。

これが大体の目安。

交換走行距離は、エンジンオイル交換時にオイル交換ランプを設定しておけば、3,000km毎でランプ点灯するので気が付きやすいですよね。また、オイル1年交換してないなんて人もいますが、スクーターの場合、1年で3,000km走ってなければ1年ごとの交換でもいいみたいですよ。
これは私も忙しい時にやったことありますが、面白いもので、ちょうど1年過ぎたぐらいで急激にエンジンの調子が悪くなるのですぐ分かりますw。

ただ、ギアオイルの交換は忘れがちですよねぇw。下手すれば、一度も交換したことがないっていう人も結構います。交換したからといって変化を感じないオイルでもあるし、ぶっちゃけ交換しなくて数万キロ走っても平気だったりするんだけど、結構大切なベアリングが入ってる部分でもあるので、たまには交換しときたいもんですw。

私も前回の交換から16,000km近く交換してなかったので、どうせならと一緒に交換しました。

オイル交換の費用・工賃

ちなみになんですが、オイル交換の費用のお話。

私がバイク屋にシグナスを持ち込んだ時、正規の工賃込みで、エンジンオイル交換が3,500円ちょい、ミッションオイル交換が3,000円ちょいぐらいだったかな?

オイル代プラス、工賃1,000円~2,000円ぐらいだと思いますよ。

自分でマメにオイル交換してれば、エンジンオイルは安いやつで1,200円ぐらい。ギアオイルも1,000円ぐらいかな。廃油処理箱を入れても、オイル費用だけなので両方交換しても2500円強ぐらいで終わりますかねw。

コストだけで考えればこんなもんですが、面倒くさい、手が汚れるのが嫌、機械が苦手、使用済みオイルの処理の仕方が分からないという人は、素直にバイク屋に持って行った方がいいかもね。

自分でオイル交換するメリット

  • 安くオイル交換ができる。
  • 機械いじりや基本が分かるようになる。
  • メンテで初期トラブルを見つけやすい。
  • 愛車に愛着が湧く。

こんなところでしようか?

昔はバイク屋って全然親切じゃなかったんで、バイク屋の軒先で工具借りて自分でオイル交換するっていう感覚だったんだよね。オイル代のお釣りの小銭は工具代で渡すって感じだったなぁw。いつからこんなに親切になったっけ?

自分でオイル交換するとコスパが良いっていうだけじゃなく、機械いじりの基本が何となく分かってくるっていうか、じっくり車体を見るので、今まで気が付かなかった減りとか傷とかっていうので、初期トラブルに自分で気が付くっていうのが大きいかもしれませんね。

間違いなく乗りっぱなしより自分で手をかけた方が、何となく愛車が分かった気がして愛着が湧くっていうのは確実ですw。

デメリットとしては、工具などの初期投資がある程度必要ってところですかねw。
これも慣れてくると、工具にも愛着湧いてくるから不思議ですよw。

自分が物に「愛が溢れちゃう」タイプなのを自覚しちゃうかもよww。

シグナスX-SR(SE44J)のエンジンオイル・ギアオイル交換で必要なもの

シグナスX-SR(SE44J)のエンジンオイル・ギアオイル交換で必要なもの一式

今回のオイル交換で必要なものはこれだけ。

  • エンジンオイル
  • ギアオイル
  • 計量スポイト
  • 廃油処理箱2リットル用

エンジンオイル

ヤマハ(YAMAHA) 二輪車用エンジンオイル ヤマルーブ スタンダードプラス MA2 10W-40 4サイクル用 1L

エンジンオイルは1リットル缶の4スト用の一番安いやつで充分。
私はいつもヤマハのスタンダードプラスを使ってます。

実際使う量は800ml~900mlぐらいかな、1リットルは入んないです。
使用オイルは昔から意見が分かれるところなんだけど、ちょっと高くて良いオイルを入れたがる人と、私みたいに安いのでいいやっていう人といるんですよねw。
大型も乗っていた私の実体験ですが、メーカーがバイク個体で指定してない限り、街乗り主体だったら高いオイルなんていらないです。昔はオイルにこだわってた時期もありましたが、結局自己満足ですわw、素人にオイルの違いなんてよくわかんないですよww。
高いオイルを入れるより、安いオイルでこまめにオイル交換の方が私は良いと思っている派ですw。

ギアオイル

GRONDEMENT(グロンドマン) スクーター専用ギアオイル(ファイナルギアボックス専用) 300ml 日本製

ギアオイルは、普通にヤマハのギアオイルを買ってしまうと1リットル缶になってしまいます。
ハッキリ言って、量が多すぎですw。

実際使うのはシグナスで110mlしか使わないし、長期間交換しないので、余ったオイルは周りの人に配る努力が必要w。置いておいても酸化してしまって次回絶対使えませんよ。

私はちょっと割高でも写真のようなミニボトルのギヤオイルを買って使ってます。使い切りサイズなので、こっちの方が絶対いいですよ、はっきり言って1リットルは持て余しますw。

計量スポイト・廃油処理箱

計量スポイト・廃油処理箱

計量スポイトボトルは、ギアオイルの量を計って入れるのに使っているだけなので、写真のこれじゃなくてもいいです。

110mlが計れれば、100円ショップの料理用計量カップでもいいですよ。
計量スポイトボトルは目盛りがついてて計れるし、このまま注入するのに使いやすいので使ってるんですが、ずいぶん昔に買って、ず~っと使ってるので、どこで買ったか、いくらだったか全然覚えてないですww。おそらく300円しないと思う、ゴメンね。バイク用品店かホームセンターに行くと売ってると思うよ、多分ww。

ニッコー・ハンセン J洗浄瓶250ml


【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L


オイル交換は廃油処理箱が無くちゃ始まらないですよねw。スクーターだったら、一番小さい2~2.5リットル用で充分です。
あとはシグナスの場合は12mmの六角レンチがあればOKですよ。

シグナスのオイル量・粘度

交換オイル量と粘度をまとめるとこんな感じ。

  • エンジンオイルは、900ml
  • ギアオイルは、110ml

エンジンオイルはドレンボルトから抜いた時とドレンプラグで抜いた時では違いがある程度出るし、自然消耗などで減ることもあるので、絶対ではないです。おおよそって考えてください。
ある程度入れた後はオイルゲージを頼りに微調整した方が良いです。実際は800ml~900mlじゃないかなぁ、多分。私の感覚ですが。

逆にギアオイルは、量を測るゲージがついてないので、量を測ってある程度正確に入れる必要がありますよ。

エンジンオイルの粘度は、10w - 40wが一般的。

いわゆる一般的な粘度で充分です。高級オイルなどでは20w - 50wや10w - 60wなんていうグレードのもあるけど、レースでもやってない限り、スクーターではかえって始動性が悪くなっちゃうし、もったいないですわw。
普通の粘度で充分性能を引き出せますよw。

ギアオイルは、一般的には80wから90wぐらいが一般的。

ギアオイル用やファイナルギア用って言われて売ってるのは大体この辺りの粘度が多いですね。
ヤマハの純正ギアオイルも80wです。

ただね、ギアオイルって高品質のオイルであれば、10w - 40wのオイルでも問題なかったりしますw。
粘度をエンジンオイルと分けてある理由はいろいろあるんだけど、まあ、この話は別のところでするとして、じゃあ、エンジンオイルが少し余るからこれを交換の時に入れちゃえばいいじゃん!っていうのはダメ。ギアオイルとしてギアボックスに入れるのであれば、エンジンオイルでもかなり高品質なものを選ぶ必要があるからです。

スクーターのギアオイル用として売ってるオイルに、10w - 40wと80wの2種類あるのはこれが理由だったりします。

正直どっちを選んでも違いなんて分かんないですよ。しいて言えば10w - 40wの方が柔らかいので少し滑らかな感じはするけど、交換時期はきちんと守んないといけない感じはするかな? 80wは質実剛健って感じw。
まあ、2種類売ってたら、好きな方を選んじゃっていいと思いますよ。

シグナスX-SR(SE44J)のエンジンオイル交換方法

なるべくわかりやすく、初心者でも分かるように解説していきたいと思います。

エンジンオイルを温める必要があるので、暖気をするか、その辺を20分ぐらい走ってきてください。

エンジンオイル交換方法

エンジンが充分温まったら、まず、オイルを入れる給油口とオイルを抜くドレンボルトを確認です。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

給油口は車体の右側のマフラーの当たりにあります。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

ドレンボルトは左側、センタースタンドの横ぐらい、オイルパンの横についてます。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

まず、センタースタンドを立てて、給油口のオイルレベルゲージをゆるめます。
これはオイルを抜きやすくするための空気口の代わりです。
開けなくてもいいっていう人もいるので、その辺はご自由にw。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

廃油処理箱をドレンボルトの下にセットします。
オイルが横に飛び出してくるので少し手前にセットしてください。ちゃんと箱に入らないと下に撒き散らしてしまいますからね。

ここ以外にオイルパンの真下にも全部のオイルを抜くドレンプラグがついてて、申し訳程度の金属製のオイルフィルターがついてます。人によってはこちらを外せという人もいますが、そもそもエンジンを分解する時に使うボルトなので、一般的なオイル交換ではそこまでやる必要はありません。むしろエンジン内部は横のドレンボルトからエンジンオイルを抜きやすいようになってるので、こちらのボルトを外した方が多くエンジンオイルが抜けます。マメなエンジンオイル交換をしているのであれば、横のドレンボルトを外すオイル交換で充分ですよw。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

12mmの六角レンチでボルトを外して、オイルを抜きます。
この時のボルトを締めてたトルク感を覚えておいてくださいね。
オイルはそんなに汚れてないですねww。

ちなみにオイルは結構熱くなってるはずなので、ボルトを外す時にヤケドに気をつけてくださいね。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

一応ドレンボルトとワッシャーが破損してないか、変な歪みや汚れが付いてないかチェックしてください。
シグナスのワッシャーは変形してなければ流用しちゃって問題ないですが、スズキのバイクなんかではボルトを締めると潰れて圧着するタイプのワッシャーを使っていることがあるので、このタイプの場合は毎回使い捨て。交換してください。
シグナスの場合、毎回ワッシャーの交換は必要ないし、オイル漏れしないので私は一回も交換したことがないのですが、最悪の場合は交換した方がいいです。

シグナスのドレンボルトのサイズやピッチや、ボルトをなめてしまった時の外し方については別ページにまとめてあるのでそちらを確認してください。

シグナスX-SR(SE44J)オイルドレンボルトをマグネットタイプに交換
シグナスX-SR(SE44J)オイルドレンボルトをマグネットタイプに交換

シグナスX-SR(SE44J)のオイルドレンボルトをマグネットタイプに交換! と、言いたいところなんですが、前回オイル交換してから160kmしか走ってないんで、次回のオイル交換の時までちょっと待ってて ...

続きを見る

シグナスのエンジンオイルの交換方法

オイルを抜いてしばらく放置した後、完全にオイルが出きったら、ドレンボルトを閉めます。
この時、外した時のトルク感を思い出して同じぐらいのトルクで締めるようにしてください。
人間の感覚って結構正確ですwww。ギュウウウゥッて感じじゃなくて、ギュ!って感じで締めてくださいね。
要はオイル漏れしなきゃいいんですから、そんなに厳密に私はやってません。

トルク管理したいのであれば、
ドレンボルトの締め付けトルクは、23 N.m
です。
意外と緩めでOKなんですよw。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

最後にオイルの注入です。
車体の右側のオイルレベルゲージを抜き取ります。
ここから新しいオイルを入れてください。

シグナスのエンジンオイルの交換方法

スクーターの場合、コンパクトに収めるために注油口がちょっと奥まっていることが多いです。

本当はじょうごとかを100円ショップとかで買ってくればいいんですが、後で洗うのが面倒なので、私はオイルの口金に直接ガムテープをぐるぐるっと巻いて短いホースを作ってオイルを流し込んでます。
終わったらそのまま捨てちゃえばいいからね。

オイルゲージの見方

シグナスのエンジンオイルの交換方法

今回のオイル交換では、1リットルは入りません。大体800ml~900mlぐらいです。

このぐらいかな?って少なめに入れながら、オイルケージを差し込み適量をチマチマ探ってくださいw。

ちなみにオイルケージは写真ぐらいの感じになったらOKです。

オイルケージでの計り方を間違えてる人がいるので注意
オイルケージでオイル量を計るときは、オイルケージを締めた状態で位置を計らないでください。
オイルケージをそのままフリーの状態で注油口に突っ込んでそのまま出すというのが正しい計り方です。
ネジを締めて計ると、ネジ部分の長さ2cm分ぐらいオイルが足りなくなってしまいますよ。

オイルが適量入ったら、

オイルゲージをしっかり締めて、5分ほど暖気。
 ↓
一度エンジンを止め、1分ほど放置。
 ↓
もう一度オイルゲージでオイル量を確認。
 ↓
少なかったらオイルを足す。
少なかった場合は、もう一度5分暖気、1分放置をして再確認です。
 ↓
オイル交換終了

その後、オイル交換したドレンボルトの下を指で触ってオイル滲みやオイル漏れしてないか確認してください。

ここまでがエンジンオイル交換の時の最後の一連の流れです。

どうしてもドレンボルト周辺が気になる神経質な人は、翌日以降次回乗るとき、一度ドレンボルト周辺を触ってオイル滲みがないか確認してください。締めが甘い場合、時間をかけてゆっくり滲んでくることが多いので。

これでエンジンオイルの交換は終了です。

オイルを入れすぎた時の抜き方

ちょっと番外編ですが、もし、間違えてオイルを入れすぎてしまった場合の抜き方です。

一番確実なのはもう一度ドレンボルトを少しだけ緩めて下からオイルを少しだけ抜くという方法ですが、これははっきり言って面倒くさいw。しかも微調整もあまり効かない、オイルでベタベタになる、と、最悪ですw。

私がもしもの時に使ってる方法は、入れた給油口からちょっとだけ抜く方法。

オイルを入れすぎた時の抜き方

これ、100円ショップで買ってきた、ボディーソープやシャンプーなどの詰め替えボトルのポンプ部分。これをオイルの給油口に突っ込んでシュコシュコやると、あら不思議w、簡単にオイルを抜き取ることができますよw。

微調整も簡単で、大型のオイルチェンジャーなんか使わなくても、ちょっとだけ入れすぎたオイルを抜くのに重宝します。

これって、オフ車に乗ってた時のメンテの裏技だったんだけど、意外とどの車両でも使えるので、工具箱に一つ、必ず入れてますww。
一度チャンスがあれば試してみてww。

シグナスX-SR(SE44J)のギアオイル交換方法

さて、続いてミッションのギアオイルの交換です。

エンジンオイルの交換の後だと、せっかく攪拌されていたギアオイルが落ち着いてきてしまっているので、一度エンジンをあおってタイヤをしばらく回すか、その辺を20分ぐらい走ってきてください。
エンジンオイルと同じく、オイルを入れる注油口とオイルを抜くドレンボルトを確認です。

シグナスのギアオイルの交換方法

車体の左側、後輪タイヤの部分の白いプラスチックのネジの蓋部分がギヤオイルの注油口です。

シグナスのギアオイルの交換方法

注油口の真下ぐらいの斜めについてるネジがドレンボルトです。

シグナスのギアオイルの交換方法

まず、ギヤオイルを抜く前に、オイルの準備をします。
私はこの計量目盛り付きのスポイトを使いますが、無ければ計量シリンダーでも計量カップでもなんでもいいです。

シグナスのギアオイルの交換方法

シグナスのギヤオイルは110ml。
思ったよりちょびっとしか入りませんw。

メーカーのギヤオイルだと1リットルからしか売ってないので、私はこういうタイプの少量売りのギヤオイルを使ってます。違いなんてホントに無いですよ、正直1リットルなんて買っちゃったら、他に使い道が無くて無駄に腐らせるだけですw。エコのためにもスクーターだったらこれで充分ww。

シグナスのギアオイルの交換方法

110mlってこんなもんです。
ぶっちゃけエンジンオイルと違ってオイルゲージというものが全く無いので、きちんと計って入れないとダメです。適当は厳禁です。

シグナスのギアオイルの交換方法

それではオイルの交換をしていきます。
まず、給油口のボルトを外します。

シグナスのギアオイルの交換方法

このボルトの破損やゴムのОリングがダメになってないか確認しておきます。
よほど古いものでなければまずそのまま使えると思いますが、10年以上たっているとОリングが腐ってる場合があるので、その場合は交換してください。

シグナスのギアオイルの交換方法

廃油処理箱をドレンボルトの下にセットして、12mmの六角レンチでドレンボルトを取り外します。
エンジンオイルのドレンボルト同様、締め付けているトルク感を覚えておいてくださいね。

シグナスのギアオイルの交換方法

おや? 思った以上にオイルは綺麗でした。

シグナスのギアオイルの交換方法

綺麗だと思ってたら、最初と最後になんかヘドロみたいなドロドロの変な液体が出てきました。
これだからオイルはおっかないんですよねぇ~。
綺麗だと思ってたんだけど、よくよく触ってみると、粘度が完全になくなってます。結構ヤバかったかもw。

シグナスのギアオイルの交換方法

ドレンボルトの破損とワッシャーの確認。
特に異変はないのでこのまま再利用です。

シグナスのギアオイルの交換方法

完全にオイルが抜けたら、ドレンボルトを取り付けます。
外した時と同じトルク感でギュッ!と締めてください。

シグナスのギアオイルの交換方法

注油口から、計っておいたオイルを全部入れます。

シグナスのギアオイルの交換方法

注油口のボルトを締めて終了です。
ドレンボルト周辺を指で触ってオイル漏れやオイル滲みが無いか確認してください。
こちらも気になる人は、後日触ってオイル滲みが無いか確認すればOKです。

ギヤオイルはレベルゲージが無く、計って入れた量が全て。
タイヤを回してオイル面の高さを確認することができないため、これで終了になります。

シグナスX-SR(SE44J)のオイルの交換 まとめ

ね、意外と簡単だったでしょ?

スクーターの場合は、普段の完全な足として使ってしまっているので、乗りっぱなしで空気圧すらなんにもしてないってことが多いです。意外とメンテをちゃんとしてないことが多いんだよね。まあ、私も最初はバイク屋にオール投げっぱなしで自分でいじるってことはほとんどしてなかったから、あんまり人のことは言えないんだけどw。

手軽すぎて命を乗せてる乗り物っていう自覚が薄いんだよねぇ。
40km出れば、立派に人死にが出るレベルだからね、気をつけましょうw。

さて、今回のメンテはちゃんとメンテナンスノートに記入して管理しておいてくださいね。

メンテナンスノート

バイクを買うと必ず書類と一緒についてくる上のノートです。
バイク屋に任せっぱなしだったら必ずバイク屋が記入しているはずなので、その続きに書いてけばいいんです。
いつ何をどこでどうしたかが分かるだけでも、次にいつ何をしなきゃいけないかが分かる一種の健康診断書みたいなもんですので、面倒がらずに記入してくださいね。
最悪バイクを売ったときにも、多少値段に色がつくかもよ?

今回のコンテンツに登場したもの 一覧

ヤマハ(YAMAHA) 二輪車用エンジンオイル ヤマルーブ スタンダードプラス MA2 10W-40 4サイクル用 1L


ヤマハ(YAMAHA) スクーター エンジンオイル ヤマルーブ Blue ver. For Scooter MB 10W-40 1L


GRONDEMENT(グロンドマン) スクーター専用ギアオイル(ファイナルギアボックス専用) 300ml 日本製


ヤマハ(YAMAHA) ヤマルーブ ヤマルーブ ギアオイル 1L


ニッコー・ハンセン J洗浄瓶250ml


【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L


AZ(エーゼット) CBP-001 High Power ブレーキ&パーツクリーナー 840ml[AW808]×4本


WORKPRO ソケットレンチセット ガレージツールセット ラチェットレンチ 差込角9.5mm(3/8インチ) クイックリリースラチェットハンドル 工具 道具 セット 12点組【鉄製ケース付属】


KTC 9.5sq. 63点工具セット オリジナルツールセット オリーブドラブ 限定カラー


【アストロプロダクツ】AP ツールセット ブラック(83点組)


バイク・スクーターの維持のコツ、整備の方法 一覧

一応バイク・スクーターの維持のコツ、整備の方法なども紹介してるのでリンクしておきます。

バイク・スクーターの維持のコツ、整備の方法に関する記事もチェック

このページはまとめ記事にしてます。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ記事

-バイクメンテナンス・整備
-, ,