ミドルエイジのライフスタイル

【大人のマナー】父の日のプレゼント選びのマナー、意外と知らないタブーやNG・プレゼントのコツは?

2023年5月19日

【大人のマナー】父の日のプレゼント選びのマナー、意外と知らないタブーやNG・プレゼントのコツは?

こんにちは!Attaboy 運営人のアキラおじさんです!

今回は父の日のプレゼント選びで気をつけるべきマナーとNG、プレゼントのコツについて解説です。

父の日は毎年6月の第3日曜日。
「父の日」のプレゼントってちゃんとやってます?

母の日に比べると盛り上がらない父の日ですが、おじさんになると正直小っ恥ずかしくて長いことやってなかったりするよね。さすがに自分がもらう立場になると、悟るものがあるのか何かしら贈るようになるもんだよねぇww。
義理のお義父さんへプレゼント贈ってる? ダメだよ、男はマメさが大事ww。

さて、いざ父の日に何かしようと思っても、基本的なNGマナーやプレゼントを選ぶコツを知らないことが多いですよね。具体的にプレゼントを考える前に、父の日のプレゼントを贈るときの基本的なマナーやプレゼントのコツを知っておくのは大切ですよ。

ビジネスユースで父の日のプレゼントを贈るというのもありますが、今回は、自分の実父や、義理の父に贈る、いわゆる身内のための父の日のプレゼントのマナーとプレゼント・ギフトのコツをまとめてみました。

私は「孝行したいときに親は無し」というのを痛感しているので、ぜひ、両親には何かできるうちにしておいた方がいいですよ。
今回は身内の父のためのプレゼントですが、基本的なプレゼントマナーは同じだと思うので、プレゼント好きのおじさんはチェックしておいてくださいね。

景品表示法表示

このページ・サイトでは商品などの紹介の際「広告・PR」を含みます。
※ 本ページの標品にはプロモーションが含まれ、アフィリエイトで収益を得ています。

父の日のプレゼント:選び方のマナーとタブー

父の日のプレゼント:選び方のマナーとタブー

父の日のマナーは、贈り物の選び方や贈るタイミング、渡し方など、一般的なギフトのマナーと同じくらい重要です。父の日に贈るプレゼントが父親にとって喜ばしいものであることはもちろんのこと、贈り物を渡す際にも気を配る必要がありますよ。

贈り物に関する基本ルール

父の日に贈るプレゼントには、贈り物に関する基本ルールがあります。
まず、相手の好みを考慮して選ぶことが大切です。また、品物だけでなく、贈り物の包装やメッセージにも気を配る必要があります。プレゼントを渡すタイミングについても注意が必要ですね。当日に贈る場合は、早めに用意しておくことが望ましいですよ。

父の日に渡すべきプレゼントの種類と選び方

父の日には、父親に喜ばれるさまざまなプレゼントがあります。例えば、ビールやワイン、お酒好きの父親には、お酒のセットやグラス、ワインボトルなどがおすすめです。また、趣味に合わせたプレゼントも人気があります。父親がゴルフ好きなら、ゴルフ用品やゴルフシューズが喜ばれるでしょう。他にも、時計や財布、文具セット、美容グッズ、家電製品など、父親の好みに合わせた贈り物が適切です。

プレゼントを選ぶ際には、相手の性格や趣味、好みをよく知ることが大切です。また、贈り物の予算についても考慮して、適切なものを選ぶようにしましょう。

父の日のプレゼントの予算はどれくらい?

父の日のプレゼントは、どのぐらいの予算を考えといたらいいでしょう?

具体的には3,000円~10,000円ぐらいが一般的です。
特に決まっているわけじゃないけど、父の日だけじゃなく、母の日も同じくらいの金額なので、あまり差をつけないようにした方が無難ですね。
なので5,000円ぐらいを目安にするといいかもしれません。

気持ち的には「自分で買うにはちょっと高いなぁ」ってぐらいの物がベストですかね。
少し良いものを選べる価格帯ってところでしょう。
このぐらいがもらっても気を使わせないラインってところです。←これ結構大事ww。
律儀な人だとお返しをもらってしまったりするので、その時変な気を使わせてしまうことがないぐらいにした方が無難です。

ちなみに、実父、義父両方同じ価格帯にするのも大切。
予算は夫婦で話し合うのがおすすめですよww。

メッセージカードはつけた方がよい

父の日のプレゼントの場合、娘が贈るときはメッセージカードを必ずつけるのが定番ですが、息子の場合はメッセージカードをあまりつけて贈るということは少ないようです。
でも、簡単な定型の「父の日」カードはつけるのがマナーですよねww。
シンプルな内容でもいいのでつけてください。感謝の気持ちが伝わればいいです。

本当は手書きでちょっと添えるのが粋だとは思いますが、プレゼントは郵送してもらうのが基本だと思うので、そうはいきません。オンラインショップなどでプレゼントを贈る場合は、カードサービスを利用しましょう。
大抵プレゼント用の場合、このサービスは付いてると思います。
ぜひ利用してメッセージカードをつけて贈ってください。

父の日に渡すべきでないプレゼントとは?

父の日に渡すべきでないプレゼントとは?

父の日のプレゼントで覚えておきたいマナーやタブーを紹介します。

私のイメージでは母の日は母親に向けてのプレゼントが多かったと思うんだけど、父の日って、これにかこつけて家族全員で食べたり飲んだりっていう物を贈るってイメージなんだよねww。

そういった食品だったら問題ないですが、定番の実用的な小物を贈るときには注意が必要です。
まあ、感謝を素直に伝わる心のこもったものを選べばまず間違いがありませんけどねw。

父の日に贈るとNG・タブーなプレゼント

気にしない人はまったく気にしないんですが、父の日のプレゼントにふさわしくないもの、タブーというものも結構あります。
実は結構曲者は、義理の母だったりしますよ。父親に欲しいものの確認を取って本人が選んで、喜んでくれてるのに、義母が後からチクチク言ってくるっていうことは結構ありますw。
ホント、気をつけようなww。

特に自分より年配の方に贈るものなので、縁起の悪いもの、縁起の悪い意味があるものは避けた方がいいです。気にする人は、もっっっのすごく気にしますからねw。
父の日に選びがちだけど、縁起が悪いとされているものをピックアップしてみました。

スリッパ・靴下・靴

私ウォーキングシューズを贈って喜ばれたことがあるんですが、「足で踏みつける」ということで、目上の方には贈るには失礼に当たるそうですよ(;´Д`) 手頃なので選んでしまいましたが、縁起を担ぐ年配の方にはやめといた方がいいかもしれないです。

ベルト

ビジネスでもカジュアルでも活躍するアイテムだし、紳士服売り場ではベルトがプレゼント商品になってたりするので選びがちですが、「気を引き締めて」「腹をくくって」「お腹を引き締めて」の意味があります。父の日のプレゼントとしてはあんまり気分のいいものではないので、考えた方がいいかもw。

文房具・時計・カバン

ボールペンや万年筆・筆記用具などの文房具はプレゼントに調度いいですよね。でも「これを使ってがんばれ」「もっと努力を」という意味合いがあるので、年下部下に贈るのはいいけど、目上の方にはちょっと失礼な贈り物になります。時計・カバンも「より勤勉に取り組め」「もっと仕事に打ち込むように」の意味があり、こちらも目上の方へは不向きですね。

ハンカチ

ハンカチは地方によっては「別れ」「縁切り」の隠語だったりします。また、亡くなった方の顔にかける白い布を連想させるので、人によってはかなり気分を害することがありますよ。プレゼントとしては結構危ない種類かもしれないので気をつけて。

刃物

アウトドアや料理に目覚める男性が結構多いので、包丁やナイフというものを選ぶことがあるかもしれません。ただし、刃物類は切れるというイメージから、これも「縁切り」の意味があります。注意してください。

くしは洒落たものも多いし、専門店もあるのでプレゼントとして人気もあるんですが、「苦」「死」をイメージするので、年配の方にはあまり贈り物に向かないという方もいます。

お金・商品券

ダメな贈り物の典型ですが、「これで好きなものを」というのは年取るとやりがちです。見下してる感があるし、「私のために選んでくれた」という付加価値が本当は重要だということが何も分かってない朴念仁決定です。これは常識人として絶対やっちゃダメなNGパターンですねww。

避けたい失敗例の解説

実用性を重視しすぎない

父の日のプレゼントには、実用性を重視する方が多いかもしれませんが、あまりにも機能的で生活感が出るようなものは避けた方が良いでしょうね。たとえば、掃除機やアイロンなどの家事用品や、文房具、キッチン用品などは、あまりにも実用的で毎日使うものなので、特別な日に贈るプレゼントとしては少し物足りないかもしれません。

無難なものばかりにこだわらない

反対に、あまりにも無難で、面白みのないものは喜んでもらえない可能性があります。父親の趣味や興味関心、好きな食べ物や飲み物などを考慮して、個性的であると同時に、親しみやすく温かみのあるものを選びましょう。

センスが合わないものは避ける

プレゼントはその人のセンスが反映されるものでもあります。自分自身が好きなものや自分が使いたいものを贈っても、相手の好みやセンスと合わない場合もあります。相手がどんなものを好むかを考えて、センスが合いそうなものを選ぶようにしましょう。

贈り物に自己主張を持ち込まない

贈り物には、自己主張やメッセージを込めたいという気持ちがあるかもしれませんが、相手が受け取りにくくなる場合があります。例えば、自分の好きなスタイルの服を贈っても、相手の好みと合わなかったり、サイズが合わなかったりする場合があります。プレゼントは相手のために選ぶものなので、相手が喜んでくれるものを選ぶことが大切です。

価値が高すぎるものは避ける

高価な贈り物は、相手に負担をかける場合があります。特に家族や親族同士の場合、価値の高いものを贈ることで、相手に義務感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。
やはりあまり貰っても負担にならないぐらいのものっていうのは重要ですよww。

上司・目上の人に贈ってはいけないタブー

上でも書いてますが、特に上司や目上の人に贈っちゃいけないプレゼントはこの辺りです。

  • 履物・靴下
  • 筆記用具
  • 時計・カバン
  • ベルト

正直言えば、上司や目上の人というのは、今よりもっと厳しい常識の中で生き残ってきた人たちばかりなので、知ってて当たり前と思ってるかもしれませんね。喜んで受け取ってはくれると思いますが、こんなことも知らないのか、とレッテルを貼られる可能性もあるので要注意ですww。

よほどの理由がない限り、なるべく選ばないに越したことはないですよww。

父の日のプレゼント:選び方のコツ

父の日のプレゼント:選び方のコツ

父の日のプレゼントは、何をどう選んだらいいか、正直迷いますよね。
プレゼント選びを間違えないように、プレゼント・ギフト選びのコツについても説明しておきます。

父の好みや性格に合わせたプレゼント選びのコツ

何度も繰り返してしまいますが、父親の好みや性格に合わせたプレゼントを選ぶことが大切です。
趣味や好きなものに関連したアイテムは、喜んでくれることが多いです。また、クールなタイプであれば機能性の高いアイテム、温かみのあるタイプであれば家族と過ごす時間が増えるアイテムが良いでしょうね。

例えば、アウトドアが好きな父親へのプレゼントとしては、キャンプ用品やハイキング用品などがあります。また、音楽が好きな父親には、音楽プレイヤーやイヤホン、ミュージック課金のカードなどがおすすめです。ビジネスマンであれば、仕事で使える便利なグッズやアクセサリーなどが良いでしょう。父親が普段から身につけているアクセサリーなどを参考に、同じブランドのものを贈るという方法もあります。

また、年代によっても好みは異なります。50代以上の父親には、健康に気を遣うグッズや旅行用品、新しい趣味を始めるための教材などが喜ばれることが多いです。一方、30代以下の父親には、最新のガジェットやスポーツウェア、ビールやワインなどが好まれる傾向がありますよ。

予算に応じたおすすめのプレゼントアイデア

プレゼントの予算は人それぞれですが、無理をして高額なプレゼントを贈る必要はありません。相手が喜ぶものを選び、自分の予算にあったものを贈ることが大切です。

予算が10,000円以下の場合は、小物やアクセサリー、本などがおすすめです。中でも、父親の趣味に関連する本やDVDは、比較的安価でありながら喜ばれることが多いです。また、父親の好きな食べ物やお酒の詰め合わせや、手作りのケーキなど、食べ物に関するプレゼントも喜ばれます。

予算が10,000円以上の場合は、父親がずっと欲しかったものや、高価な趣味用品を贈ることができます。例えば、高級時計やカメラ、音響機器、家庭用品などが挙げられます。また、旅行やレストランの予約など、父親と一緒に過ごすことができるプレゼントも良いでしょうね。

ただし、予算が高いからといって、父親の好みやライフスタイルに合わないものを贈ってしまうのは避けたいところです。高価なものであっても、父親が実際に使ってくれなければ、意味がありませんからね。

予算に応じたおすすめのプレゼントアイデア

以下は、予算に応じたおすすめの父の日のプレゼントアイデアです。

  • 1,000円以下
    カードや手作りのプレゼント、父親が好きなお菓子、父親と一緒に過ごせる時間をプレゼントする。
  • 1,000円〜5,000円
    スポーツ用品、本、音楽カード、映画DVD、お酒、グルメなど。
  • 5,000円〜10,000円
    カメラ、スマートフォンアクセサリー、ビジネスバッグ、スポーツウェア、おしゃれな時計、ワイン、ビールセットなど。
  • 10,000円以上
    高級時計、高級カメラ、家電製品、旅行、スポーツカーのドライブ体験、高級レストランでの食事など。

以上のアイデアはあくまでも参考です。父親の好みやライフスタイルに合わせて、オリジナルのプレゼントを考えてみてください。

父の日に贈るギフトのマナーと注意点

父の日に贈るギフトのマナーと注意点

プレゼントの包装やメッセージについて

父の日に贈るプレゼントは、美しくラッピングして渡すことがマナーです。
ギフト商品の場合は、発送元にラッピングサービスがあるので、必ず利用するようにしましょう。

また、手渡しの場合などは、ラッピングには、父の好きな色や柄を取り入れたり、季節感を出したりするなど、工夫を凝らしてみるのも楽しいですよ。また、カードや手紙を添えることで、気持ちを伝えることもできます。
包装紙やリボンには、高価なものを使うのは避け、シンプルなものを選ぶようにしましょう。

贈るタイミングについて

父の日のプレゼント・ギフトは「父の日当日」に贈るのがおすすめです。
直接手渡しが本当は一番いいんでしょうが、仕事などの都合で父の日に会えないことの方が多いでしょうし、さすがに小っ恥ずかしいので、私は郵送にしてしまってますww。

正直父の日はマイナーなおかげで、多少遅れても問題ないようです。しかし遠方の義父に贈る場合などは、後でお中元も送るでしょうから、内容が被らないようにした方がいいですよ。

お中元の時期と微妙に近かったりするので、この辺は注意をした方がいいかもしれませんね。

【PR】父の日におすすめの、定番プレゼント・ギフトは?

父の日におすすめの、定番プレゼント・ギフトは?

父の日に喜ばれる定番プレゼント・ギフトはどんなものがあるのか、チェックしておきましょう。
みんなに選ばれているということはまず間違いがないですし、人気が高ければ品質が上がっていくので、かなりおしゃれなものが揃ってますよ。

定番を選ぶのがおすすめです。
父の日に送られてうれしいものランキングは、

1位 お酒・ビール
2位 グルメ・スイーツ
3位 健康グッズ・ファッション小物

4位 グラス・タンブラー

らしいです。
これらの定番を外さないっていうのも選び方のコツでしょうねww

「お酒・ビールギフト」は超定番





父の日のギフトで外せないのがお酒ですかね。
ビールやワインが安定の人気ですww。おつまみになるようなちょっとしたプレミアムな商品も人気ですね。もちろん下戸のお父さんやあまりお酒を飲まないというお父さんもいるので、プレミアムな飲み物というのも人気ですよ。

「グルメ・スイーツ」も父の日には定番の人気

隠れた絶品グルメを産直!九州おとりよせ本舗


馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ・馬肉専門店【菅乃屋】


自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ROKUMEI COFFEE CO.


究極のツナ モンマルシェ


抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】


お取り寄せでしか買えない高級プリン専門店「プリン研究所」はコチラから!


ぶっちゃけ父の日は、家族団欒になる豪華な食事やディナーの食材など、グルメなプレゼントが多いですね。お中元と重ならないようにしないといけませんけどね。
家族で楽しめるお肉や鰻って結構人気ww。おじさんは好きだからねぇ、年取ったら赤身肉を食べろっていうし、ぜひガッツリ胃袋を満たしちゃってださい。

最近は「健康グッズ・ファッション小物」も人気





健康グッズやファッション小物も、かなり定番になっているプレゼントです。
センスは問われますが、基本的に実用品で、本気で欲しいと思ってるものが多いし、実際欲しいww。
意外とマッサージ器なんかは、贈って本気で喜ばれたことがあるのでおすすめですよ。

グラス・タンブラーも根強い人気

生涯を添い遂げるグラス





父の日はこういう毎日使えるちょっとしたグッズをプレゼントすることが多いですよね。
かなり範囲が広いので、これっていうピンポイントのグッズが見つかるかどうか分かりませんが、人気ジャンルをピックアップしてみました。

海外の父の日の習慣

父の日は、世界各国で祝われる大切なイベントです。国や文化によって、その習慣や慣習は異なります。以下に、代表的な国々の父の日の習慣を紹介します。

父の日の習慣がある国々を紹介

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国では、母の日と同様に父の日も国民の祝日の一つとなっています。一般的に、父の日は6月の第3日曜日に祝われます。アメリカでは、家族と一緒に過ごす時間を大切にしてますね。お父さんには赤いバラを贈るという習慣もあるようです。

カナダ

カナダでもアメリカ同様、父の日は6月の第3日曜日に祝われます。父の日の贈り物には、衣料品、革製品、本、DVDなどが人気です。また、アメリカと同様、家族の時間を大切にしていますね。一緒にレストランで食事を楽しむことも多いそうです。

イギリス

イギリスでは、父の日は6月の第3日曜日に祝われます。イギリスでは、父親に手作りのカードやファッション小物やお酒などをプレゼントすることが一般的です。日本とよく似ている感じでしょうね。

オーストラリア

オーストラリアでは、父の日は9月の第1日曜日に祝われます。バーベキューやピクニックなど、家族と外出することが多いようです。

ドイツ

ドイツでは、イースターから数えて6回目の日曜日直後の木曜日が父の日。父親たちは、一日中パブをはしごして、ビールを飲んで過ごすことが一般的です。

フランス

フランスでは「Fête des Pères(父の日)」が6月の第3日曜日に祝われ、家族で食事をしたり、小さなプレゼントを贈り合う習慣があります。贈り物には、ブランデー、ワイン、手作りのカード、チョコレート、または手作りの小物などが人気です。

アジアには、日本や韓国、中国などにも父の日に関連する独自の習慣があります。日本では、父の日には子供たちが手作りのプレゼントを贈ったり、家族で食事をしたりする習慣があります。また、韓国では、5月8日が父母の日の人なり、手作りのおやつを作ったりする習慣があります。中国では、父の日は日本と同じ6月の第3日曜日で「父親節」と言われます。ただ、あまりメジャーでは無いみたいですね。

海外の習慣を知ることで、父の日の贈り物や祝い方についての新しいアイデアが得られるかもしれません。ちょっと違う角度から調べてみるのもいいかもねw。

【大人のマナー】父の日のプレゼント選びのマナー、意外と知らないタブーやNG・プレゼントのコツ まとめ

【大人のマナー】父の日のプレゼント選びのマナー、意外と知らないタブーやNG・プレゼントのコツは?

父の日のNGマナーやプレゼントのコツをまとめてみました。
意外とマナーやNGプレゼントというのもあるので気をつけてくださいね。

面倒くさいからって、母の日や父の日などをないがしろにしちゃいけませんよ。「孝行したいとき親は無し」っておじさんになってマジ痛感しますからねw。

おじさんになると照れくさくて父の日に何もしてこなかった人も多いと思いますが、絶対プレゼントはしておいた方がいいです。

ぜひ、日頃の感謝を伝えてみてくださいw。

-ミドルエイジのライフスタイル
-, ,