ビジネス・デジタル ミドルエイジのライフスタイル

フラグメントケースは大人の嗜み。特徴や選び方を解説!初心者でも安心!30代40代50代のオシャレ度をアップ!

2023年8月28日

フラグメントケースは大人の嗜み。特徴や選び方を解説!初心者でも安心!30代40代50代のオシャレ度をアップ!

こんにちは!Attaboy 運営人のアキラおじさんです!

今回は、フラグメントケースについて説明と紹介ですw。

フラグメントケースって知ってる?

最近は、現金って持ち歩かなくなったよねぇw。
クレジットカードやスマホの電子マネー、QRコードの電子決済を使う機会が増えたので、財布自体持ち歩くことも減ったかな?
なにかちょうどいいカード入れみたいなモノはないかなと思ってたら、ありました!

「フラグメントケース」

カードが2~3枚入って、領収書と、もしもの時のお札が何枚か入れられる、薄型で丁度いいサイズのミニ財布ですw。

実は3~4年前からいろいろ使ったり試したりしてて、便利なんだけどまだ私にピタッと合うようなフラグメントケースには出会ってないんで、正直まだまだ模索中ですww。

フラグメントケースとは、カードやお金を収納することができるシンプルでスマートな財布です。デザイン性が高く、ファッションアイテムとしても注目を集めていますよ。
また、多彩なカラーのバリエーションがあり、自分の好みに合わせて選ぶことができます。特に、30代、40代、50代の男性には、大人っぽいデザインが人気で、ビジネスシーンでもスマートで使いやすいため、多くのビジネスマンにも愛用されています。

今回、フラグメントケースの特徴や使い方、選び方について詳しく解説していきます。

初めてフラグメントケースを使う人や、自分に合ったフラグメントケースの選び方やお手入れ方法も解説。さらに、メンズ向け、女性向けについても触れていきたいと思います。
実際私の経験に基づいた選び方なので、これから購入を考えている方にはぜひ参考にしてみてください。

景品表示法表示

このページ・サイトでは商品などの紹介の際「広告・PR」を含みます。
※ 本ページの標品にはプロモーションが含まれ、アフィリエイトで収益を得ています。

「フラグメントケース」とは?

「フラグメントケース」とは?

注目されているキャッシュレス時代のスマートな財布

フラグメントケースとは、財布として使える薄型小型のケースです。

一般的な財布よりコンパクトでスリム、おサイフの機能がカード収納をメインにミニマムに詰め込まれたシンプルな財布と思ってください。小銭ポケットやマチがついた物もありますが、まず小銭は入れてないですねw。紙幣を折りたたんで入れておいたり領収書を入れておくのに使うって感じですよ。フラグメントケースはぶっちゃけミニ財布より、さらにコンパクトなサイズです。

私が持ち歩ている長財布なんて、いくらハイブランドでも、もう、時代遅れですわww。
むしろフラグメントケースのブランド物を持ってた方が分かってる大人として、ビジネスシーンでもスマートで印象がいいんじゃないかな?

正直日常生活でもスマホとこの財布を持ち歩くだけで、ほぼ事が足りてしまってます。
キャッシュレス決済が広まっている中で、スマートフォンでの電子決済やICカードで十分でしょ?
ポイントカードもスマホのアプリになっちゃってるしね。
今どきコンビニでも現金で支払いしてる人が少なくなってきてるぐらいだからねww。

小型でコンパクトなので、ポケットに入れて持ち運ぶことができ、荷物の軽量化にもつながります。
現代のライフスタイルに合わせたスマートな財布として、注目を集めていますよ。

私が初めて見たのはニューヨーカーのビジネスマン

私が初めて見たのはニューヨーカーのビジネスマン

数年前、まだスマホで決済やQRコードで支払いができるようになるちょっと前ぐらいの頃、初めてフラグメントケースっぽい物を見たのは出張でニューヨークに行ったとき。
オフィスのホールで簡単な懇親会のパーティーをやってたけど、ニューヨーカーのあいつら財布らしいもの持ってなかったんですわw。

もちろんフラグメントケースなんてものはまだ無かった頃なので、替わりに彼らが使ってたのは金属製の薄いカードケース。
日本で言えば、完全に名刺入れですよww。

こんなやつ。↑

この中にクレジットカードが2枚ぐらいとドル札を何枚か入れて、スーツのポケットに入れて持ち歩いてました。振るとカタカタ音がするんだけどねw。

確かにアメリカはカード社会だから、これは合理的。
金属製なので曲がらないし、カチンッと蓋が締まるのでカードが飛び出してしまうこともない。小さくて、しかも支払いの時、ちょっと優雅でカッコいいww。
「なるほどなぁ~」って感心して真似したのを覚えてます。

そこからあっという間にスマホ決済ができるようになり始めた頃、セントラルパークで小さい子供と遊んでいた父親のジーンズの後ろポケットに入ってたのが今のフラグメントケースとほぼ同じ物。
その時は偶然見かけて、よく見たら周りも同じようなものをみんな使ってたんですよね。

なにそれ、カッチョイー!

その時にはインフラが整ってたニューヨーク周辺とシリコンバレーだけの局地的なブームみたいだったんだけど、今じゃ全国に広がってるよねww。

日本はまだまだ現金信者が多いので、キャッシュレスの流れも独自進化してるけど、アメリカで起こったことは数年遅れて日本でも起こるっていうのが常なので、フラグメントケース、結構注目株ですよww。

フラグメントケースのデザイン・機能性・特徴

フラグメントケースのデザイン・機能性・特徴

フラグメントケースは、そのデザイン性も特徴のひとつです。
洗練されたデザインでありながら、シンプルなデザインでもあるので、ビジネスシーンでも普段使いでも違和感なく使うことができます。また、様々な素材があり、それぞれの素材に特徴があるため、自分の好みに合わせて選ぶことができますよ。

ザックリ分けると、大体3種類。機能的にオプションが付いてるって感じでしょうか。

ガードポケットが外側に出ているポピュラーなタイプ

ガードポケットが外側に出ているポピュラーなタイプ

一番ポピュラーで、薄くて小さいタイプ。
カード4~5枚ぐらいが入って小銭入れやマチが付いてる形ですね。必要最小限のタイプです。
なんだかんだ言って最終的に行き着くのがこの形ですねww。

カードポケットが内画にある二つ折りのタイプ

カードポケットが内画にある二つ折りのタイプ

二つ折りの財布みたいな形で上のタイプよりカードの枚数が多く入り、免許証などの身分証も入れやすいタイプや紙幣も入れやすいなど、小さいながらも容量が多いタイプですね。

厚みは出てしまいますが、工夫がいっぱいw。
自分に合う形を見つけやすいかもしれないですよ。

スマホサイズの長財布タイプ

スマホサイズの長財布タイプ

スマホよりちょっと小さいサイズで長細い形が多い。
カードが入る枚数が多いのも特徴ですが、スマホよりちょっと小さく薄い形という事で、スマホと一緒に持ち歩くのに便利なタイプ。

キーリングやマネークリップが付いているタイプ

女性用のハイブランドに多いですが、キーリングが付いてるタイプがあります。
男性用だとマネークリップですかねw。

どちらも小さいタイプが多いです。

キーリングは、フラグメントケースが小さいので、無くしてしまうのを防ぐために車のキーや鍵を付けておくというのが多いようですね。小さくなり過ぎた弊害ってとこかしらww。

マネークリップは取り外しができるタイプが多く、日本ではあまり浸透してない習慣ですね。サイズ的には日本の紙幣というよりドル札サイズがピタッとくるので、あまり使うことはないかもしれないです。

セキュリティ対策がされているタイプ

スキミング防止機能やRFID対応素材を使用しているものもあります。
カードが入ってるからね、やっぱりセキュリティ面は気になる人も多いですよね。

レザー製が多くファッション性が高いものが中心ですが、ICカードの情報が盗まれることを防止することができるものも多いです。
機能性については、クレジットカードやICカードを収納できるスペースがあるほか、小銭入れや大きいカード入れもあるのが基本でしょうね。

取りあえず小さい財布が欲しいっていう場合は、この辺のタイプを押さえて自分が使いやすそうなものを選ぶようにすればいいと思いますよ。

私が使っているフラグメントケースはこんな感じ

私が今使ってるフラグメントケースを紹介しておきます。

実物見た方がイメージしやすいでしょ?

正直自分に合うものを探してて最近買い換えたばかりですが、結局一番オーソドックスなものに行き着いてるので、これが一番わかりやすい例だと思いますw。

写真とカラーは違うけど、初めて買おうと思ってる人は参考にしてみてください。

私が使ってるフラグメントケース

見た目はこんな感じ。
レザー製で、カードを一枚だけ入れてありますが、カードポケットが外についてる薄くて小さいタイプです。

私が使ってるフラグメントケース

薄さはこんなもんです。薄型でペラペラですw。

私が使ってるフラグメントケース
私が使ってるフラグメントケース

反対側はフリーポケットになっています。
だいたいほかのフラグメントケースもこのパターンが多いかな?

ここには、お店の名刺とか貰ったカードとか、ちょっとしたものを入れとくのに使ってますが、正直私はほぼこのポケットは使ってないですw。

私が使ってるフラグメントケース

親指一本でスルッとカードが取り出せます。
この取り出し感覚は、カードポケットの深さとか、出ているカード部分の長さとかで、結構違いありますよw。

私が使ってるフラグメントケース

正直言って このぐらいの 深さのポケットが一番使いやすいです。

外側にカードポケットがあるので、浅いポケットだと何のカードが入ってるか丸分かりだし、カードがすっぽ抜けたりするからね。逆に深すぎると今度はカードが取り出しにくくなったりするので、結構このぐらいが絶妙w。

個人的には、カードポケットが手前側になるごとに深さが浅くなるタイプもあって、以前使ってだけど、このタイプはあまりオススメしないですねw。

私が使ってるフラグメントケース

左の黒いのは、私が普段使ってる名刺入れ。

おじさんは名刺を使う枚数が多いんで、ゴツいのを使ってます。
並べてみるとサイズ的にはこんな感じですよ。名刺入れよりも一回り大きい感じですが、実際には薄いので、名刺入れよりも小さく感じるかな?
だいたいほかのフラグメントケースもこのぐらいのサイズ感ですよ。

ただ本革製ということもあって、名刺入れと同じぐらいの重さです。
実はね、この重さも結構重要。軽すぎるとどこに入れたか分かんなくなっちゃうんだよねw、ヤバいっしょww。

私が使ってるフラグメントケース
私が使ってるフラグメントケース

小銭入れのファスナーを開けるとこんな感じ。
あえて私はマチがついてない物を選んで使ってます。
正直、小銭は入れたことないですw。ほぼ領収書やレシート入れになってますねww。
この財布を持っている段階で、まず現金は使わないからねw。今は自販機ですらICカード使えるからねぇ。

一応もしものために3000円ぐらいは入れてます。ただ、いざというときはコンビニで現金でおろせちゃうんで、これも本当に使わないよなぁ。
ちなみにこの財布だとお札二つ折りでは大きくて収まりません。四つ折りですww。

だいたいこんな感じって、わかる?
ほぼ、ほかのケースもこんなだよw。

ただやっぱりフラグメントケースの使い勝手の良さって、都市部や郊外かなぁ。
ここまで勧めておいてなんですが、ツーリングの時や海や山、田舎に行くときは、普通に現金の入る財布に入れ替えて持って歩いてます。
地方に行くと、まだまだ現金しか使えないことも多いので、この辺はシチュエーションに合わせて使い分けるっていうことが必要になると思いますよw。

フラグメントケース、メンズ向けの選び方のアドバイス

フラグメントケース、メンズ向けの選び方のアドバイス

自分に合ったフラグメントケースを選ぶためには、自分がどのようなシーンで使うのか、どのようなスタイルに合わせるのかを考えることが必要ですね。

ここでは、実際私が使ってて気が付いた、フラグメントケースを実際選ぶ際のアドバイスをいくつか紹介します。

まず最初に、財布の中身を整理した方がいいです。

財布の中には、一応必要かもしれない・・・
と思って入れているものがたくさんあるかもしれませんが、実際に使うことはほとんどないですよね。

整理すると、実際使ってるのって、結局カード二枚ぐらいじゃない?
あとはICカードが一枚ぐらいと、行きつけの病院の診察券ぐらいかな?

私は免許証とマイナンバーカードは、別に免許証入れを持っているのでそちらに診察券と一緒にまとめちゃってます。

究極的に言うと、財布に必要なのはカードが三枚程度。最近はスマホがあれば、スーパーやコンビニでも現金を使わなくても済むので、財布に必要なものは本当に限られています。マジでこんなもんですw。

一度ホントに整理してみることをおすすめしますよww。

軽すぎず、重すぎないサイズ感

上でもちょっと書いてますが、フラグメントケースって小さいので、軽い方がいいと思い込んでるかもしれないけど、実はちょっと重さがある方が良いです。

正直薄くて軽いと、どこに入れてしまったか分かんなくなっちゃったり、忘れたり落としても気がつかなかったりするんだよねw。
まあ、革製や合皮製だと、ある程度重さがあるんで大丈夫だと思いますが、布製なんかは気をつけたほうがいいですよ、マジでw。

どのぐらいがベストかって言われると難しいけど、私の感覚で言うと、名刺入れに名刺をいっぱい入れたぐらいの重さよりも、少し軽いぐらい?
最初は重さって検討の中に入ってないんだけど、なんだかんだ言ってこのぐらいは重さあった方がマジでいいですよ。

レザー・牛革のブランド物がおすすめ

正直今でも、エルメスだ、ルイヴィトンだっていう高級ハイブランドの財布を使ってて、周りを威嚇しているような人、少なくないよねw。
今後はこの流れって多分フラグメントケースに来るんじゃないのかなと思っていますww。

ぶっちゃけこういうハイブランドの財布を使うのって、ビジネスシーンでは意外とそこそこ偉いぞ!と、はったりかますのに役立つんですよねw。これがコンパクトになって、スムーズに支払いをするフラグメントケースになるっていうのは、容易に想像がつきますよww。
大人のおじさんの嗜みとしては、ビジネスシーンでも使えるっていうことも考えて、ある程度のブランド物を選んでおくっていうのも一つの方法だと思ってます。

意外と調べてみると分かるんだけど、高級ハイブランドのメーカーって、ほぼこのフラグメントケースはラインナップされています。
検討の余地ありですw。

また、個人的な感想なんですが、仮にハイブランドでなかったとしても、本革牛革のフラグメントケースって結構オススメです。
重さがある程度あるっていうのは重要なんですが、経年劣化しても見栄えが良いし、そもそも丈夫w。
クレジットカードなどの比較的柔らかいものを入れて移動するケースなので、ちょっと丈夫な方が、正直 安心ですよ。

ちなみに、レザー素材のものは風合いがよく、使い込むほどに味が出ますが、手入れも必要です。一方、合成皮革のものは手入れが簡単ですが、長く使い続けると劣化しやすいというデメリットがあります。

スマホケースとカードケース一体型よりおすすめ

スマホケースとカードケースが一体化しているタイプっていうのも、結構見かけます。
合理的に考えればスマホで支払いもしてるし、そのままカードで支払いをする場合もあるので、一つにまとめておくっていうのは、当たり前といえば当たり前です。

ただねぇ、用心深いおじさんとしてはね、全部一つにまとめてるのって、ちょっと怖いww。

スマホ失くしたら全部手元から無くなっちゃうじゃない?
スマホとカードケースは分けておいた方が、私個人としては安心かな?

持ち歩くものが2つに増えちゃうけど、どちらかを失くしても 不安なく対処ができるので、まあ用心深い人はフラグメントケースとして別で持っているのがおすすめですよ。

フラグメントケースは使いづらい、やめたという意見も

一方で、フラグメントケースには使いづらいという意見もあります。
結局、使うのをやめたっていう人もいますねww。

正直ある程度現金を使う人、小銭をちょいちょい使う人っていうのは、今までの財布の方が使いやすいと思いますよ。それにフラグメントケースは完全に割り切って必要ないものをカットしてしまうので、現金を持ってないと不安っていう心理も働くんでしょうねw。
まあ、ぶっちゃけ現金をある程度使う人っていうのは、正直向いてないと思います。

あとは完全に慣れですわw。
慣れちゃうとね、本当に便利なんだけどねぇww。

あと使いづらいっていう人の話をよく聞くと、大きく3つあるみたいです。

  • 小さすぎて失くすんじゃないか?
  • カードがポケットの中やカバンの中で、ホルダーから抜けてバラバラになるんじゃないか?
  • 外側にカードがあるので、何のカードを持っているか丸見えなんじゃないか?

想像つくと思うんだけど、これ全部「かも」なんだよね。
実際に起こったことじゃなくて、起こるんじゃないかって心配してるっていう感じ?
実際にはただのカードケースだから、本当の意味で使い勝手の悪さを言う人ってあんまりいなかったんだよねぇww。

小さすぎるっていうのは上でも書いてるけど、軽いっていうのにちょっと引っかかってくるところなので、ある程度重さのあるものであれば意外と失くさないです。名刺入れて失くす? 失くさないよね?
名刺入れよりちょっと大きいぐらいのサイズ感なので、名刺入れをくすような人でなければ、まず失くならないですよw。

フラグメントケースは使いづらい、やめたという意見も

この写真は実際にカードが入っているところ。
カードが入いる深さって、このぐらいのものを選んだ方がいいです。

このぐらいの深さで入ってると、カードが入ってるのは分かるけど何のカードかは分かんないよね?

それに硬めの革や合皮で作られたフラグメントケースだったら、このぐらいの深さで入ってるカードって、まず外に出てくることは無いです。裏革が滑り止めになるんだよねww。

長年使っても中からカードが出てきてバラバラになったって話は聞いたことないよ。むしろそんな事が起こったら、寿命ですよ、寿命w。普通の財布で考えてもらえば分かるけど普通の財布だってカードを入れるスペースってあるでしょ? そこからカードが飛び出しちゃったってこと、ある? 私はまだ人生で一度も無いよw。フラグメントケースは、そのポケットより深めだからね、気にしすぎっていうところもあるんじゃないかな?

まあ、日本人は完全に現金主義に縛られちゃってるんで、本当に現金をよく使う人でなければ、あとは慣れだと思いますよw。

必須になる経理処理の領収書がネック!

必須になる経理処理の領収書がネック!

カードや電子決済の領収書やレシートを入れておくための、ファスナーがついてるポケット、これは必須です。
正直、私は小銭は全く入れないんですが、このポケットは今後ますます必要になってきますよ。

カードや電子決済のいいところって、月1の利用明細書を領収書代わりにして、経理や税理士に渡せばOKだったところだよねw。お金の流れも明確なので、税務署も大歓迎のはずw。

ところがねぇ、インボイス制度では明細だけじゃなく、領収書やレシートも全部必要になります。

明細書だけではインボイス番号が分からないし、適格領収書の必要事項が抜けてる可能性があるので、全部突き合せが必要になっちゃうんですよ。

超メンドクセ~!

国を挙げて電子決済化とペーパーレス化を推し進めてるのに、紙と手間増やしてどうすんだって話だよね。

本来、カードの利用明細書を領収書として使うっていうのは税制法上は無効。細かく言えば明細書でも領収書でもないんだよね。取引契約書扱いになるので使えないんだけど、税法の消費税法の特例事項で、領収書として使えてるんですよ。インボイスはその消費税法上の新しい法律なので、まあしょうがないって言えばしょうがないのかなw。おかげで手間が増えるんだけどさ。

本当に自分のお金だけで、経理処理が必要無いっていう人であれば全然関係ない話だけど、ビジネスで使うとか、個人事業主みたいな人だと、この辺は結構重要になってきます。

とりあえずカードや電子決済を使った時の領収書やレシートっていうのは全部取っておかないと、あとで経費で落とせないっていうことがあるので、それらを入れておく小銭ポケットは結構重要になってくると思いますよww。

ほんとは薄くてコンパクトなままにしておきたかったんだけど、この無駄な紙によって多少なりとも、厚みが出てきちゃう可能性はありますけどねww。うーんここがネックかな?

【PR】メンズにおすすめのフラグメントケース

30代・40代におすすめのフラグメントケースや、ビジネスシーンで使えるフラグメントケース

フラグメントケースは、ビジネスシーンでの使用にも適したデザイン性と機能性を持ち合わせています。特に、30代、40代には大人の色気を演出できる上品なデザインが人気です。定番の黒や茶色のレザー素材のフラグメントケースは、ビジネスマンにもぴったりです。また、カードをたくさん持ち歩く人には収納力のあるフラグメントケースがおすすめです。カードだけでなく、お札や小銭も収納できるものがあるので、用途に合わせた選び方が大切です。


フラグメントケースの人気モデル

フラグメントケースには、さまざまなデザインのモデルがあります。その中でも特に人気が高いのは、シンプルながらも上品な印象を与える小さなタイプ。カードを収納するポケットが複数あり、使いやすさにもこだわっています。また、取り外し可能なマネークリップやキーホルダーなどが付いたギミックに凝ったものもあったりしますね。これらのモデルは、日常的な使い方はもちろん、ビジネスシーンでも使いやすいです。


フラグメントケースのハイブランド

フラグメントケースには、ハイブランドも多数参入しており、有名ブランドからもフラグメントケースが発売されています。これらのブランドは、高品質な素材や緻密なデザインによって、フラグメントケースの魅力をより一層引き出しています。ハイブランドのフラグメントケースは、ビジネスシーンでの使用にはもちろん、特別なシーンにもぴったりです。

ちょっと他の人と差をつけるんだったら絶対選んでおくべきタイプですよww。

COACH(コーチ)
¥8,180 (2023/12/03 18:02時点 | Amazon調べ)
Paul Smith(ポールスミス)
¥16,170 (2023/12/03 18:03時点 | Amazon調べ)

女性向けフラグメントケースの特徴

フラグメントケースなどのグッズは、ぶっちゃけ女性向けの方が全然進んでますよねw。
ファッションがらみは男性は全く太刀打ちできませんわww。

ちょっと前から女性のバックはぐんぐん小さくなってるし、小さい財布はめっちゃトレンド入りしてます。ある意味男性用とは違う方向性で進化してるところもあるのでチェックしておくのも面白いですよ。

まず女性向けはハイブランドなどの高級志向のブランドが、可愛らしいカラーやハイセンスなデザインなどをこぞってラインナップさせています。

また、女性向けは収納力を持たせたタイプが多いので、二つ折りやちょっと厚みのあるタイプも多いっていうのが特徴かな?もちろん男性向けのような物凄くシンプルなものもあるんですが、小ぶりながらも、カードや小銭、紙幣を収納できる機能性も兼ね備えていることが多く、通常の財布の延長線上のようなタイプも多いって印象ですね。

女性向けのフラグメントケースは、デザイン性や機能性に優れたものが多く、多くの女性から人気を集めています。女性だったら、自分のライフスタイルに合った女性向けのフラグメントケースを選ぶことで、おしゃれ度がアップすること間違いありません。

フラグメントケースのお手入れ方法

正直、財布のお手入れをマメにする男性っていうのは少ないでしょうね。
ぶっちゃけ私も汚れた時に水拭きするぐらいで、そうそう手間をかけるという事はないですよw。
合皮の場合は関係ないですが、本革や牛革の場合は、革製品と同じお手入れが必要ですね。

まあ、毎日手で触るものなので、半年~1年に1回は革の栄養クリームを塗った方がいいと思います。

別ページでも説明してるけど、革のクリームだったら絶対コロニル。↓

私も革製品で使ってますが、スーッと浸透してマジで革が柔らかくしっかりしてきます。
絶対カラーレスを選んでね。
もし使うんならおすすめです。

財布の場合は、ん~、ミンクオイルはやめた方がいいかなぁww。
一度革をシーズンオフで寝かすわけじゃないので、ベタベタ感が残るだけだと思います。

革ジャンの手入れ方法と基本は同じだと思うので、気になる人は別ページにまとめてるのでチェックしておいてください。

おすすめのフラグメントケースの選び方 まとめ

おすすめのフラグメントケースの選び方 まとめ

ちょっといろいろ余計な情報もいっぱい書いてしまったので、フラグメントケースの選び方について簡単にまとめておきます。

サイズ

フラグメントケースのサイズは、財布やスマートフォンと同様に、ポケットやバッグなどに収まるかどうかが重要です。多少重さがある物がおすすめ。自分が持ち歩くカードや現金の枚数や、入れたい物の大きさに合わせて選ぶようにしてください。

素材

フラグメントケースの素材は、革、合皮、布などがあります。自分の使用目的や好みに合わせて選んでください。また、革製品は使い込むほどに味わいが出てきておすすめですが、安くて手入れが不要という点では、合皮製品もおすすめです。

デザイン

フラグメントケースには、シンプルでスマートなデザインから、カラフルでポップなデザインまで、様々なものがあります。小さなサイズから折りたたみ、長財布タイプなど様々あるので、自分の好みや、使用シーンに合わせて選ぶようにしましょう。

機能性

フラグメントケースには、カードポケットや小銭入れ、スキミング防止機構、マネークリップ付やスマートフォンと一緒になったものまで、様々な機能があります。自分が必要とする機能を備えたものを選ぶようにしましょう。いらないと思っても、ファスナー付きの小銭ポケットは必要。領収書やレシートを無くさないでしまえる場所は今後ますます必要になってきますよ。

価格

フラグメントケースの価格帯は、数千円から数十万円以上まで幅広くあります。自分の予算に合わせて選ぶようにしてください。

これらのポイントを考慮し、自分に合ったフラグメントケースを選ぶことで、使い勝手や満足度が向上することになると思いますよ。

フラグメントケースは大人の嗜み。特徴や選び方を解説!まとめ

フラグメントケースは大人の嗜み。特徴や選び方を解説!初心者でも安心!30代40代50代のオシャレ度をアップ!

今回、フラグメントケースについての特徴や使い方、選び方について解説してきました。

フラグメントケースはデザイン性に優れ、機能性も高く、大人の嗜みとして注目されています。
初心者でも安心して使えるように、選び方やお手入れ方法も紹介してきました。

是非、自分に合ったフラグメントケースを選んで、オシャレ度をアップさせてください。

-ビジネス・デジタル, ミドルエイジのライフスタイル
-, , ,