バイクウエア

ワークマンの冬用イージス プロ(AEGIS PRO)をワンシーズン使った結果

2023年1月16日

ワークマンの冬用イージス プロ(AEGIS PRO)をワンシーズン使った結果

ワークマンの冬用バイクウエア、イージス プロ(AEGIS PRO)を使ってみた結果です。
前回、今シーズンはワークマンでイージス プロを購入! イージスとの違いを比較! ページで使った結果を紹介するって言ってたので、その約束を守ってみましたw。

バイクの通勤用&お出かけ用にワークマンの冬用 イージス プロ(AEGIS PRO)をワンシーズン使った感想です。
上下セットで使ってみて、使い勝手はどうだったか、実際使って気になった部分などをピックアップしてみました。バイク用だからね、普通の使い方とちょっと違うっていうのと、おじさん目線って所は、まあ、勘弁してくださいねw。

ぶっちゃけ去年って暖かかったからねぇ、上着だけ着てオーバーパンツをはいてないってパターンが多かったので、ガッチリ完全防備は少なかったんだよね。
それでも大分恩恵にはあずかったので、その辺はいろいろ言えると思います。

取りあえず前提条件として、朝夜の通勤用の防寒具として使ったのと、休日のお出かけ用に使ったのがメインです。125ccの原チャリメインで使ってて出動回数は比較的多かったかなw。基本土砂降りの日や雪、雨の日は乗ってないですが、途中で雨が降ってきたってのはありました。
街乗りメインなのでこれを着たままフラフラ店の中とかコンビニに入っていってるので、あまりいかにもバイク乗りです!ってのは勘弁願いたいw、というのはあったかな?基本重装備では出歩いてないです。

軽くて着やすいんで、何かとこれを羽織って出かけちゃうんだけど、ちょっと恥ずかしかったのは2りんかんとかに行っちゃうと同じのを着てる人が結構いたりしたんだけど、一時期ラインナップ落ちしてたんで見かけることも減ったかな? ウーバーの原チャリお兄さんが同じの着てたりしましたねww。逆にガッチリ完全武装でライダースタイルを作っちゃってる人しかいない店なんかだと、ラフすぎてジロジロ見られたりすることかなぁ。
バイク乗りが集まってるところではいろんな意味で目立ちますよw。
街中では完全に溶け込んじゃって目立たなかったので、おじさんとしては結構ありがたかったですw。

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果:暖かさ・防風性

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果:暖かさ・防風性

よくブログやYouTubeで、

  • 「気温1℃、イージスだけで中はシャツ一枚でOK」
  • 「まるでダウンのような温かさ」

なんて言ってる人が結構いますが、ん~、それはないなぁw。

20代だったら大丈夫なのかもしれないけど、おじさんには、無理ww。
シャツ一枚じゃ寒くてガタガタ震えてしまいましたw。
確かに防風性はかなり良くて暖かい方だと思うけど、ウエアの表面温度はそれなりに冷たくなるので、その分ジンワリ熱は逃げていく感じです。

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果:暖かさ・防風性

保温性だけ高めてやればかなり高性能なので、イージス+ユニクロのライトウエイトダウンというのが定番。
この頼りない薄手のダウンとの組み合わせって、マジで神!ホントにその下はシャツ一枚でも片道1時間ぐらい乗っても全然平気だったので、おじさん的には手放せない組み合わせでしたw。

保温性だけでいえば、前に着ていた裏アルミのヒートアシストの方が上かもしれないです。ただバイク用の防寒着じゃないからねぇ、かさばるし風が入ってくるし動きにくいしゴワゴワしてるw。
薄手のイージスでオール裏アルミにしてくれればベストだと思うけど、商売的には絶対やらないだろうなぁww。

ここで「おじさん力」を発揮すると、おじさんが20代前半の頃、なけなしの数万円で買ったウインタージャケットよりイージスの方が格段に上です。暖かさはもちろん、厚みも重さも半分以下なんじゃないかなぁ。これにライトウエイトダウンをプラスしても、軽いし動きやすいのでほぼ着てないようなもんですw。
あの頃のウエアってなんであんなに寒くて重くて分厚くて動きにくかったんだろう?ダマされてたのか?
その頃ガタガタ震えながらバイクに乗ってた頃を知ってるので、この値段でこの性能ってちょっと嘘くさく感じるぐらいですわw。

もし真冬にイージスプロを着るんだったら、

  • 上着は、イージスプロ+ユニクロのライトウエイトダウン。
  • パンツは、イージスプロ+パンツ+ボディータフネス

この組み合わせがベスト。
特におじさんには軽くて動きやすくておすすめですw。
下手なバイクウエアよりあったかいんじゃないかな?

重ねてる中のダウンを脱いじゃえば、ちょっと肌寒いぐらいの中途半端な季節でもいけちゃうので結構便利ですよ。

裏技的なので言うと、ボディータフネスの代わりにパールイズミのロードバイク用の冬用タイツを中に履くという手もアリです。
保温性抜群でピタッとしてて、しかも尻パット入りなのでバイク用に下に履くっていうのもいいですよ。
自転車も乗ってる人にはには定番なので、おすすめですよ。

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果:使い勝手の良かったところ

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果:使い勝手の良かったところ

具体的に良かった部分を細かく言っていくと、イージスプロの特徴でもあるポリウレタン生地がかなり良かったです。

最初は引っ掛けたらビリビリ破れちゃうんじゃないかと心配してた生地なんですが、かなり丈夫。しかも風も雨も全く通さないのでかなり暖かで安心できます。
特に一番よかったのは、ゴムみたいな生地で変なシャラシャラ音がしないってことですかねww。
通常のイージスの方もそうですが、バイク用のウエアって、独特の硬い生地っていうか、やたらシャラシャラ音のする生地って多いじゃないですか、あれとは全く違うゴムのようなしっとりした生地なのでそこが逆におじさんには高評価! この柔らかそうなトレーニングウエアっぽい生地のおかげで、街中でも店の中に入っていっても違和感が無いんですよね。かなりいいです。

あと、決定的なのは、サイズ感。
元々このイージスプロを選んだ理由が、通常のイージスのサイズが細すぎたからというのがあります。
おじさん、ポンコツのクセに身長の割に無駄にガタイがいいもので、モデル体型の若者にも対応している最近のバイクウエアでは細すぎて着れないことがほとんどです。ぶっちゃけプチビルダー体型なので、体格的にはM~Lサイズなのに、胸囲や肩回り、腕の太さで合わせるとLLサイズ。まともに着れるはずがないですw。

そんな中でゆったり感があって動きやすいサイズ感を提供してくれてるのがワークマンとユニクロ
ワークマンはさすがガテン系のウエアメーカー、ユニクロもさすがのユニバーサルサイズですよね。
ガタイのいいおじさんでも動きやすく、中に着込んでも余裕のサイズ感は凄いです。
細身サイズも増えてきてるので注意が必要ですが、着れるサイズが無いという人には、おすすめですよ。

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果:気になった点

良かった部分とごちゃ混ぜになってしまうんですが、気になった部分もチェックです。

イージス プロ(AEGIS PRO):ポケット

イージス プロ(AEGIS PRO):ポケット

意外とよかったのがこのお腹のところについてるポケット。
バイク用って、大抵ファスナーやマジックテープで止められるようになってるんですが、ここはワークマンのお家芸、開く向きを変えて組み合わせる方式。
これ、かなり使い勝手が良いのに、不思議なことにこのポケットから物が落ちたことがありません。
特に前傾姿勢を取るバイクでは走っている時に物が落ちたということはないですね。
ただしちゃんと蓋を閉じてないとダメ。
中途半端に開いてるとポロポロ落ちちゃうw。

まあ、ちょっとした小物を入れるんだったらかなり便利。
ポケットに手も入れやすいしね。
ただし携帯を入れるのはちょっとためらわれるかなw。
大丈夫だとは思うけど、そこまでは信用できないって感じですw。

イージス プロ(AEGIS PRO):ファスナー

イージス プロ(AEGIS PRO):ファスナー

正直ちょっとファスナーの質はよくないかなぁ。
バイクのタンクとかを傷つけないようにプラスチック製をあえて選んでるんだろうけど、ちょっとしまりが悪いというか、動きが固い感じがします。でも、耐久性はよさそうな感じww。この辺はさすがだね。

意外と便利だったのが、このファスナーについてる紐。
何気ないものなんだけど、大きさといい長さといい、冬用グローブでのベストサイズ。
グローブをつけての上げ下げでかなり役立ちましたw。さりげない部分だけど、これってかなり小技の気が利いてます。

あとはできれぱファスナー部分が2つ付いてて上も下も両方開けられるタイプだったらよかったかなぁ。
このタイプのファスナーって採用すると高くなっちゃうのかな?
丈が長めなので男子は小便する時に体全面のファスナー全開にしなくて済んで、そのタイプだとかなり便利なんだけどw。

イージス プロ(AEGIS PRO):袖口

イージス プロ(AEGIS PRO):袖口

一般的な袖口なので特に文句もないだろうって部分なんですが、厚みがあって結構いい。
袖丈も長めなので手首からの冷たい空気が入ってこなくでいいんですが、この厚みがちょっとあるっていうのがネックになる場合も……。

冬用グローブって、手首まで覆うタイプが多いんですが、物によっては厚みがありすぎてグローブの中に入んないものがあったりします。
私の持っているラフアンドロードのアドベンチャータイプはギリギリ入るんですが、ロードタイプの筒状のグローブは入んなかったですww。
じゃあ、どうすればいいの?って言われるとグローブの袖口の方を広げろって話になっちゃうんですが、電熱タイプのグローブが使えなかったので、ちょっと残念w。
物は良いんだけどねぇ。

イージス プロ(AEGIS PRO):首回り

イージス プロ(AEGIS PRO):首回り

首周りの高さが極端に高くなくて、絶妙の高さでベストポジションなんですが、首周りの太さをギュッと締められるマジックテープか何かのベロが付いてたらベストだったかなぁ。

中にマフラーや襟のあるライトダウンとかを着てれば首周り部分の隙間を埋めることができるんですが、そうでないとちょっと隙間が微妙で寒いwww。
慣れてくると顎で引っ張ったりして何とかなるんだけど、調整できるベロが付いてれば一発解決なんだよねぇw。

イージス プロ(AEGIS PRO):首回り

ちなみに同じ理由で、前傾姿勢のバイクなら問題ないけど、スクーターなんかの体が比較的立つ姿勢のバイクの場合、襟の後ろ部分がちょっとだけ余ってしまう。
タイミングや着方が悪いと、雨が降った場合、ヘルメットを伝って襟首から水が入ってくる場合があるので、やっぱり首の太さの調整ベロはほしいなぁ。
自作して付けちゃおうかしらww。

私はフードが嫌いなので、買ってすぐフードは取ってしまったんですが、もしかしてフードをそのままつけとくと調整できたのかな? 知らんけどw。

イージス プロ(AEGIS PRO):パンツのファスナー

イージス プロ(AEGIS PRO):パンツのファスナー

意外とネックになったのが、オーバーパンツのファスナー。
ちょっと複雑な作りになってますが、この部分から雨水が入ってくるっていう噂もあったので気にしてたんだけど、今のところ雨水は入ってきてません。防水性はそこそこいいんじゃないですかね。

ただし、このチャックが、裏地の生地を噛んじゃって、にっちもさっちもいかなくなることが結構ありますw。

イージス プロ(AEGIS PRO):パンツのファスナー

これでわかるかなぁ?赤い裏生地をチャックが噛んじゃってるの。
何度も噛んでるのでこの部分は結構ボロボロですw。
毎回履くとき気にしてないとすぐやっちゃうんですよね。

いざ履こうとするとここで噛んでしまって、上りも下がりもしなくなってかなり時間を食ってしまうことが何回かありました。これって私だけ? まあ、100均で補修用の生地を一枚買ってきて生地の間に一枚挟めば解決しちゃう話だとは思うので、そのうちちょっと改造してみますw。

イージス プロ(AEGIS PRO):パンツの裾の長さ

イージス プロ(AEGIS PRO):パンツの裾の長さ

これはオーバーパンツの宿命だとは思うんですが、ホントにちょっとだけパンツの長さが短いです。
立ってる時には確かにちょうどいいし、少し長めぐらいなんですが、座ったりまたがったりして足を曲げてしまうと、絶妙に長さがちょっと足りないw。

5cmちょっとぐらいかなぁ、でもこれはオーバーパンツの宿命なのでしょうがないっちゃぁしょうがないんだけどw。よほどの専用設計がされてなければ、ほかのオーバーパンツも同じようなもんですw。
寒けりゃハイカットのブーツを履けばいいだけの話なんだけどね。
ただ通勤だとスクーターでスニーカーや革靴ってケースが多いので、まあ、贅沢な悩みかなww。

ワークマン イージス プロ(AEGIS PRO)を着た結果 まとめ

ちょっと細々書いてしまいましたが、基本的には冬場は大車輪で活躍してくれたイージスプロ、ダメになったら次回もぜひ買い換えたい逸品です。

バイク専用ウエアで冬物と言ったら6万は覚悟しとかなきゃいけないジャンルだったので、ワークマンには感謝ですわw。
ただどうしても多少の文句が出てくるっていうのは、この安さのせいでしょうね。人ってなぜか高額商品にはよほどのことが無い限りあまり文句を言わないんですわ。文句を言われるのは安すぎてこんなもんだとあきらめが出ないぐらいの絶妙な価格設定の商品ばかりです。

高いものは絶対良い物だ、良い物を高額で買ったんだからそれを否定したくないっていう自己暗示が働くんですよね。だから絶妙な価格で自己暗示が必要ない物にはごちゃごちゃ文句を言う。試しに6万円のウエアを同じ価格で分からないようにして売って使わせてみれば、同じようにごちゃごちゃ言ってくると思いますよww。

なので低価格設定の商品での文句の多さというのはあまりあてになんないって思ってます。
どうせ文句を言うなら使ってみて気に入るかどうですよw。
私は気に入りましたww。

冬場はぜひw、イージスプロおすすめですわww。

今回のコンテンツに登場したもの・おすすめ一覧

AEGIS PRO(イージスプロ)防水防寒コート

AEGIS PRO(イージスプロ)防水防寒コート


AESIS イージス透湿防水防寒スーツ

AESIS イージス透湿防水防寒スーツ


イージス360゜(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒ジャケット

イージス360゜(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒ジャケット


コミネ(KOMINE) バイク用 エレクトリックインナージャケット12V


コミネ(KOMINE) バイク用 プロテクトソフトシェルウィンターパーカ-イフ 秋冬春向け 防寒 CE規格レベル2 CE規格 ストレッチ素材 防風 プロテクター


コミネ(KOMINE) バイク 12V エレクトリックWPシステムインナージャケット


コミネ(KOMINE) バイク用 プロテクトウィンタージャケット ブラック L 秋冬春向け 防水 防寒 CE規格 プロテクター


ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) バイク用スーツ上下セット エキスパートウインタースーツ ブラック


バイク・スクーターの快適リターンライフ・整備維持の方法に関する記事もチェック

このページはまとめ記事にしてます。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ記事

-バイクウエア
-, ,